IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

日経新聞より~♪グーグル、来年にも5Gスマホ投入 ハード強化鮮明に
【イブニングスクープ
 台北=鄭婷方、黎子荷】米グーグルが次世代高速通信「5G」に対応したスマートフォンの試験生産を開始したことがわかった。2020年前半にも発売する可能性がある。米アップルのiPhoneに5G対応で先行する見通しだ。多様なネットサービスの入り口となるスマホ端末の強化を鮮明にする。




イブニングスクープ
翌日の朝刊に掲載するホットな独自ニュースやコラムを平日の午後6時ごろに配信します。
複数の関係者が明らかにした。グーグルは15日、米ニューヨークでイベントを開く。画面に高精細の有機ELを搭載した新型スマホ「Pixel(ピクセル)4」の2機種や、腕時計型のスマートウオッチを発表する。

サプライヤーによると2種類の新型スマホは既に量産に入り、5G対応製品についても試験生産を始めた。発表会では5G対応品の開発に関しても公表する可能性があるという。

グーグルは多様なネットサービスの入り口になるハードの強化を掲げており、特にスマホは最重要の製品となる。5Gは従来の100倍の実効速度、10倍の精度で通信が可能になるとされ、動画配信など自社サービスの利用拡大につなげる狙いがある。

世界のスマホ市場でのグーグルのシェアは1%未満にとどまるが、19年春には価格を引き下げた機種を投入するなど、てこ入れを急いでいる。グーグルの基本ソフト(OS)アンドロイドをスマホに採用する陣営は中・低価格帯に強い。これまでグーグルは同陣営内の競争を避けるため高級機種に集中してきたが、シェアを高める方向にカジを切った。

グーグルは米中貿易摩擦に対応した生産網の再編も進める。これまでは中国での生産に頼ってきたが、特に米国向けに関しては今年新たに整備したベトナムの工場に生産を移す見通しだ。

3782 - (株)ディー・ディー・エス 日経新聞より~♪グーグル、来年にも5Gスマホ投入 ハード強化鮮明に   【イブニングスクープ  台北