IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です
テスラ - 株価チャート

1,081.92

-34.1(-3.05%)
  • 前日終値
    1,116.00(11/24)
  • 始値
    1,099.47(23:30)
  • 高値
    1,108.78(23:32)
  • 安値
    1,081.00(02:54)
  • 強く買いたい
  • 買いたい
  • 様子見
  • 強く売りたい

掲示板のコメントはすべて投稿者の個人的な判断を表すものであり、
当社が投資の勧誘を目的としているものではありません。

  • 238(最新)

    man***** 11月28日 14:23

    BREAKING: Tesla plans to have a production capacity of up to 1.5 Million vehicles in 2022 for Giga Shanghai.
    For comparison, one of the largest auto manufacturing plants in the world, VW’s Wolfsburg plant in Germany, produces about 800k vehicles per year.

  • 【自動運転レベル3市販車、2022年における各社の発売計画一覧】

    11月28日

    ホンダが自動運転レベル3「トラフィックジャムパイロット」を搭載した市販車を発売し、未だ明確に追随する動きは出ていないが、ライバル勢の開発も大詰めを迎えつつある。

    ■2022年までに実装予定のメーカー

    ◆ ダイムラー:当初予定は2021年第4四半期、すでに型式指定も

    2021年第4四半期に新型Sクラスにレベル3システム「DRIVE PILOT」をオプション設定する予定だ。

    「DrivingAssistancePackage」など従来のADASに対応したセンサーは

    長距離レーダーや全方位カメラ、超音波センサー

    などで構成されているが、DRIVE PILOTモデルは、ラジエターグリルに

    LiDARを装備

    するなど追加コンポーネントが必要となる。

    ◆ BMW:2022年後半に北米モデルに搭載」

    BMWは、2020年後半にもレベル3搭載車を市場に送り出す計画のようだ。

    ◆ ヒュンダイ:新型「Genesis G90」にレベル3実装

    韓国ヒュンダイは、2022年発売予定の新型「Genesis G90」にレベル3を搭載する。

    ■実装間近と思われる中国企業

    ◆ Xpeng:レベル2からレベル3へ進化?

    中国新興EV(電気自動車)メーカーのXpeng(小鵬汽車)は2020年にスマートセダン「P7」を発表した際、高速道路や都市道路、バレーパーキング向けのレベル3対応のフルシナリオ自動運転機能などを提供するとしていた。同車に

    「NVIDIA DRIVE」

    を提供しているNVIDIAも、P7に搭載されるシステム「XPilot 3.0」がレベル 3 としていた。

    ◆ NIO:Xpeng同様アップデートでレベル3対応も

    LiDAR、11台の8メガ高解像度カメラ、ドライバー監視システム、ミリ波レーダー、超音波センサー、冗長高精度ローカリゼーションユニット、V2Xを含む計33台の高性能センシングユニット

    を備えている。メインコンピュータの「NIO Adam」は

    4つのNVIDIA DRIVE Orinを搭載

    し、1,016TOPSの処理能力を誇る。

    ◆ 長安汽車や第一汽車なども早期に量産計画発表

    ◇ テスラは事故を招く

    カメラしか搭載しない

    運転レベル2に低迷。

  • 【Nvidia 自動車業界 パートナー(その2)】

    【センサー】 Adasky、Ainstein、Arbe Robotics、AutonomouStuff、Baraja、Bosch Cepton、Continental、DESAY、Echodyne、Entron、Ficosa、FLIR、Hesai IBEO Automotive、Infineon、Innoviz、LCE、Luminar、Macronix、Magna Maxim、Metawave、OmniVision、OMRON 3D LiDar、ON Semiconductor Ouster、Panasonic、Phantom Intelligence、Pioneer、Sekonix、Sony Sunny Optical、Valeo、Velodyne Lidar、Xsens、ZF

    【結論】

    世界のグローバル企業を擁するNvidia連合軍を眼前にして、イーロン・マスク率いるテスラは為す術もなく軍門に下る。それは極めて自然の自然淘汰に過ぎない。

    彼らの主張は、テスラには他社と比すれば膨大な走行データがあるので、集積した走行データをテスラ車に送信すれば

    障害物の位置を正確に把握できる

    と主張する。つまり、テスラの言う走行データとは、精密な地図なのだ。彼らは、精密な地図によって

    一定の位置にある固定物

    を正確に認識できると言うのだ。

    したがって、テスラが想定する自動車事故とは

    一定の位置にある固定物との接触事故

    しか考慮していないことが判明する。

    しかし、天変地異や人為的な工事などの造作から

    固定物の位置

    は時々刻々と変化するものだ。

    しかも、現実の自動車事故は 不測の物体と接触すること

    で発生する。走行データに収録のない動的対象物

    対向車との接触事故

    を想定しないテスラはどこまで愚かなのだろうか?

    百歩譲って、

    テスラが事故寸前の自動車の走行データを有する

    と仮定しよう。その走行データは

    自動車事故の後に提供される

    のであるから、事故を免れる有効な手段とならない。テスラが

    FSDシステムが事故原因とされた場合の証拠確保

    のために利用するだけだ。

    一方、

    レーダーやライダー

    の搭載のあるEV車ならば

    不測の物体がいつ何時に飛来しても

    それを迂回して自動運転する。

  • ◼️#92 Tesla Giga Berlin Factory


    2021/11/27 土曜日

    https://youtu.be/u6i3cnSlYEg


    ◼️限りないテスラの成長を願っています。
    特定勢力の横やりや、邪魔に屈せずに、
    正しい主張をするイーロン・マスクを尊敬し
    テスラのホルダーであることを誇りに思います。

    ◼️いかなる困難や危険を乗り越えて、必ずや
    欧州に巨大な工場の稼働する日を、一日千秋の
    思いで待っています。

    ◼️4680型バッテリーの工場の骨組みや屋根の完成の様子が、私を勇気付けてくれます。

  • テスラ株は結構早く$3000になるよ☺️✨何言っても世界一価値のある企業だから。アメリカ最強なんだよ。

  • >>228

    高等教育の大学教育では議論を交わすには

    お互いに客観的データを提示

    して、反駁することが基本と学んだはずである。

    あなたの主観的な意見などどうでもいい。私の主張を否定する客観的なデータを提示の上、高等教育に沿った精神にて、私の主張に反駁して下さい。

  • >>221

    >【結論】
    >
    >イーロン・マスク率いるテスラの技術陣の主張は呆れるほど稚拙である。彼らは、テスラには他社と比すれば膨大な走行データがあるので、集積した走行データをテスラ車に送信すれば
    >
    >障害物の位置を正確に把握できる
    >
    >と主張する。つまり、テスラの走行データとは
    >
    >一定の位置にある固定物
    >
    >である。

    暇だったから、読んでみれば。。
    野村さんは機械学習、パターンマッチングあたりの記事を読んでみた方がいいんじゃない?

    こんな事言ってるようじゃ、稚拙さに呆れられるのは
    野村さんの方だよ?

  • 【Nvidia 自動車業界 パートナー(その1)】

    パートナー イノベーション

    自動車におけるブレークスルーを加速

    運輸/運送の革命にはチームワークが必要です。それも多大なチームワークです。NVIDIA は世界で最も先進的な 370 以上の自動車メーカー、ティア 1 のサプライヤー、開発者、研究者と協力しています。彼らと協力することで、GPU テクノロジと AI を統合し、ディープラーニング、自然言語処理、ジェスチャー制御テクノロジを変革し、人々の運転方法を変え、車両の自動運転を実現します。

    【自動車】
    Audi、Chery、Mercedes-Benz、Roborace、Tesla、Toyota、Uniti、Volkswagen、Volvo

    【トラック】
    DAF、Deutsche Post DHL Group、Einride、Embark、FAW、Iveco、Kenworth、Kodiak Robotics、Locomation、Navistar、NuPort Robotics
    Peterbilt、Plus、Pony.ai、TuSimple、Volvo Autonomous Solutions

    【ロボタクシー】
    2GETTHERE、Aurora、AutoX、Cruise、DiDi、EasyMile、Optimus Ride
    Oxbotica、Pony.ai、WeRide、Zoox

    【ティア 1 サプライヤー】
    Bosch、Continental、DESAY、Quanta Computer、Valeo、ZF

    【シミュレーション】
    Ansys、AVL、DSPACE、MathWorks

    【ソフトウェア】
    AdaCore、AImotive、Automotive Artificial Intelligence、AutoX、
    Baidu Apollo、drive.AI、Intempora、Momenta、Plus.AI、robotTUNER
    RTI、Torc Robotics、Tier IV、Vector、WITTENSTEIN、Xesol Innovation

    【マッピング】
    Baidu、DeepMap、HERE、KingWayTek、NavInfo、TomTom、ZENRIN

  • 【Nvidia 自動車業界 パートナー(その2)】

    【センサー】
    Adasky、Ainstein、Arbe Robotics、AutonomouStuff、Baraja、Bosch
    Cepton、Continental、DESAY、Echodyne、Entron、Ficosa、FLIR、Hesai
    IBEO Automotive、Infineon、Innoviz、LCE、Luminar、Macronix、Magna
    Maxim、Metawave、OmniVision、OMRON 3D LiDar、ON Semiconductor
    Ouster、Panasonic、Phantom Intelligence、Pioneer、Sekonix、Sony
    Sunny Optical、Valeo、Velodyne Lidar、Xsens、ZF

    【結論】

    世界のグローバル企業を擁するNvidia連合軍を眼前にして、イーロン・マスク率いるテスラは為す術もなく軍門に下る。それは極めて自然の自然淘汰に過ぎない。

    彼らの主張は、テスラには他社と比すれば膨大な走行データがあるので、集積した走行データをテスラ車に送信すれば

    障害物の位置を正確に把握できる

    と主張する。つまり、テスラの言う走行データとは、精密な地図なのだ。彼らは、精密な地図によって

    一定の位置にある固定物

    を正確に認識できると言うのだ。

    したがって、テスラが想定する自動車事故とは

    一定の位置にある固定物との接触事故

    しか考慮していないことが判明する。

    しかし、天変地異や人為的な工事などの造作から

    固定物の位置

    は時々刻々と変化するものだ。

    しかも、現実の自動車事故は

    不測の物体と接触すること

    で発生する。走行データに収録のない動的対象物

    対向車との接触事故

    を想定しないテスラはどこまで愚かなのだろうか?

    百歩譲って、

    テスラが事故寸前の自動車の走行データを有する

    と仮定しよう。その走行データは

    自動車事故の後に提供される

    のであるから、事故を免れる有効な手段とならない。テスラが

    FSDシステムが事故原因とされた場合の証拠確保

    のために利用するだけだ。

    一方、

    レーダーやライダー

    の搭載のあるEV車ならば

    不測の物体がいつ何時に飛来しても

    それを迂回して自動運転する。

  • 【テスラが完全自動運転のテスターに事故時の映像収集の許可を求める】

    11月25日

    Tesla(テスラ)の最新のFSD(Full Self-Driving、完全自動運転)では、事故や「重大な安全上のリスク」が発生した場合に、車外と車内のカメラで撮影された映像を同社が収集することへの同意をドライバーに求めている。Electrekの報道によると、同社が特定の車両とドライバーに映像記録を求めるのは初めてのことだ。

    Teslaはこれまでにも

    FSDの一環として映像を収集してきたが、それはAI自動運転システムの訓練と改善のためにのみ

    使用されていた。しかし、今回の新契約によると、

    「FSDベータを有効にすることで、私は、重大な安全リスクや衝突などの安全に関する事案が発生した際に、Teslaが車両の外部カメラやキャビンカメラからVIN(車両識別番号)に関連する画像データを収集することに同意します」

    と契約書には書かれている。

    Electrekが指摘するように、この文言は、FSDシステムが事故の原因とされた場合に備えて、Teslaが証拠を確保したいことを示していると考えられる。

    FSD 10.3は、これまでのベータ版よりも広範にリリースされたが、不当な前方衝突警告や予期せぬ自動ブレーキなどの問題が発生したため、すぐに撤回された。当時、CEOのElon Musk(イーロン・マスク)氏は、このような問題は「ベータ版ソフトウェアでは予想されること」とツイートし「社内QAですべてのハードウェア構成をすべての条件でテストすることは不可能であり、それゆえ公開テストを行う」と付け加えた。

    米国道路交通安全局は、11月3日にカリフォルニア州ブレアで発生した事故について、FSDが原因で衝突事故を起こしたというドライバーの訴えを現在調査している。このオーナーは、FSDが原因でModel Yが誤った車線に入り、他の車に衝突して双方に大きな損害を与えたと主張している。

    現在、FSDシステムはレベル2とされており「完全な自動運転」に必要なレベル4には程遠い。

    【結論】

    早くも馬脚を顕したテスラの

    カメラ

    だけを利用した自動運転。結局、テスラの目指す自動運転を担う

    カメラ

    は事故を避けるために存在するのではなくて

    言い訳

    に利用されている現実がある。典型的な身から出た錆。

  • 【テスラの完全自動運転をAIチームディレクターが解説】

    8月15日

    Google系列のWaymoや自動運転Lv 3を達成したホンダ・レジェンドなど、他メーカーの多くが

    LiDAR(ライダー)

    を採用している。物体との距離を極めて正確に測定できるため、一般的にLiDARがないと安全な自動運転は成立しない、と信じられていますが

    テスラは

    「LiDARは可視光付近の波長を使ったセンサーのため、カメラで距離を推定できればLiDARは不要になる。やるならせめて、霧や雨を見通せるレーダー波長にしたほうがよい」

    と切り捨てています。さらに、今年の4月27日以降に製造されたアメリカ向けの

    モデル3およびYはレーダーすら搭載されておらず

    先述のFSD Betaも

    レーダー搭載車であってもレーダーを利用していません。

    理由としては、レーダーなど他のセンサー類はカメラと比べて情報量が少なすぎること、そして

    カメラだけだとセンサーフュージョンをしなくてよい

    ためコンピューターの処理能力を全て画像処理に回せると言います。

    テスラは研究の末、

    単眼カメラで物体までの距離や加速度を高い精度で推定

    できるようになりました。これには膨大かつ多様なデータに

    「これは車、これは縁石」

    と正確にラベリングがされたデータセットが必要ですが、テスラには世界中でオートパイロット機能を備えた車が100万台以上走行しており、合計で約80億km分のオートパイロット走行のデータにアクセスできるため、生データの量は豊富です。

    【結論】

    イーロン・マスク率いるテスラの技術陣の主張は呆れるほど稚拙である。彼らは、テスラには他社と比すれば膨大な走行データがあるので、集積した走行データをテスラ車に送信すれば

    障害物の位置を正確に把握できる

    と主張する。つまり、テスラの走行データとは

    一定の位置にある固定物

    である。よって、テスラが想定する自動車事故とは

    一定の位置にある固定物との接触

    である。しかし、現実の自動車事故は

    不測の物体と接触すること

    で発生する。走行データに収録のない動的対象物

    対向車との接触事故

    を想定しないテスラの驚天動地の先見性のない浅知恵。一方

    レーダーやライダー

    の搭載のあるEV車ならば

    不測の物体が飛来しても

    それを迂回して自動運転する。

  • 【自動運転レベル3市販車、2022年における各社の発売計画一覧】

    11月28日

    ホンダが自動運転レベル3「トラフィックジャムパイロット」を搭載した市販車を発売し、未だ明確に追随する動きは出ていないが、ライバル勢の開発も大詰めを迎えつつある。

    ■2022年までに実装予定のメーカー

    ◆ ダイムラー:当初予定は2021年第4四半期、すでに型式指定も

    2021年第4四半期に新型Sクラスにレベル3システム「DRIVE PILOT」をオプション設定する予定だ。

    「Driving Assistance Package」など従来のADASに対応したセンサーは

    長距離レーダーや全方位カメラ、超音波センサー

    などで構成されているが、DRIVE PILOTモデルは、ラジエターグリルに

    LiDARを装備

    するなど追加コンポーネントが必要となる。

    ◆ BMW:2022年後半に北米モデルに搭載」

    BMWは、2020年後半にもレベル3搭載車を市場に送り出す計画のようだ。

    ◆ ヒュンダイ:新型「Genesis G90」にレベル3実装

    韓国ヒュンダイは、2022年発売予定の新型「Genesis G90」にレベル3を搭載する。

    ■実装間近と思われる中国企業

    ◆ Xpeng:レベル2からレベル3へ進化?

    中国新興EV(電気自動車)メーカーのXpeng(小鵬汽車)は2020年にスマートセダン「P7」を発表した際、高速道路や都市道路、バレーパーキング向けのレベル3対応のフルシナリオ自動運転機能などを提供するとしていた。同車に

    「NVIDIA DRIVE」

    を提供しているNVIDIAも、P7に搭載されるシステム「XPilot 3.0」がレベル 3 としていた。

    ◆ NIO:Xpeng同様アップデートでレベル3対応も

    LiDAR、11台の8メガ高解像度カメラ、ドライバー監視システム、ミリ波レーダー、超音波センサー、冗長高精度ローカリゼーションユニット、V2Xを含む計33台の高性能センシングユニット

    を備えている。メインコンピュータの「NIO Adam」は

    4つのNVIDIA DRIVE Orinを搭載

    し、1,016TOPSの処理能力を誇る。

    ◆ 長安汽車や第一汽車なども早期に量産計画発表

    ◇ テスラは事故を招く

    カメラしか搭載しない

    運転レベル2に低迷。

  • >>217

    田舎もんには、いちいちめんどくせーだよ。いちいちこんな掲示板に真面目に回答するやつが田舎もんだよ 笑

読み込みエラーが発生しました

再読み込み
JASRAC許諾番号:9008249113Y38200 写真:アフロ

(C)Yahoo Japan