IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

続く「反トランプ」デモ、オレゴン州では「暴動」と表現 米
AFP=時事 11/11(金)

【AFP=時事】米国の次期大統領にドナルド・トランプ(Donald Trump)氏が選出されたことに反発するデモは全米各地で10日夜も続いている。


デモは、メリーランド(Maryland)州ボルティモア(Baltimore)、ニューヨーク(New York)、イリノイ(Illinois)州シカゴ(Chicago)、テキサス(Texas)州ダラス(Dallas)、カリフォルニア(California)オークランド(Oakland)などで行われ、ニューヨークのトランプタワー(Trump Tower)前には10日夜もトランプ氏の大統領選出に抗議の声を上げる人々が多数集まった。

コロラド(Colorado)州デンバー(Denver)では数千人規模のデモ隊が路上で抗議の声を上げている。

オレゴン(Oregon)州ポートランド(Portland)では警察が、「広範な犯罪や危険行為」のために抗議集会が「暴動」に悪化していると表現した。デモの参加者らは店舗の窓ガラスを割るなどしているという。