ここから本文です

>>232

少々、瀬戸に対して好意的にすぎる解釈なのではないかと。
週刊新潮の書評に瀬戸が書いていたけど、天才を殺す凡人たちとかいう本のこと。
自分が言い出したアイディアは、当初はことごとく反対された。しかし
貫いてみたら、今のライザップのコマーシャルのように大ヒットした。
うっかり天才の自分も、凡人に殺されるところだった、という趣旨のことを
書いています。心底呆れかえりました。

反省をしていないとは言いません。しかし、自分のことをぬけぬけと、天才として悪びれもせずに認めている。ちょっとこれは・・・。どんだけ能天気なの?
逆に考えると、あまりにも逆風が強すぎるから自分でゲキを入れて鼓舞しないと
やってられない、そこまで追い詰められているのか、とも思います。
誰かが瀬戸際社長と言ってたけど、その通りなのかも。