ここから本文です

Author:クールポコさんのブログより

板が厚い方へ動くのは何故か?

あなたは株を売買するにあたって、当然買い板とか売り板の状況を見て参入しますよね?
あなたは、大量の買い板が有った場合は、その1円上とかで安心して買うタイプですか?

勝つ為にも大口の動向を察知しなければ成りませんよね?
果たして大口は、指値で大量に買い注文や売り注文を出すでしょうか?

自分が大口のつもりで考えて見てください!

大きな売り板や買い板を出したら、個人を引き込めませんよね?

欲しい価格で買い難くなるし、売りたい価格で売り難くなる。

板が薄かったら、自己売買で板突き抜けてしまいます。

なので、大きい売り板 買い板が出た時は、大口が仕込む絶好のチャンスと成ります。

売り圧力を一気に食べるので浮動株も減り上昇するのに有利に働きます。

ベテラン個人投資家の売買は、この厚い板を突き抜けた1円上辺りの価格での逆指値注文をされる方も多いみたいです。

後は、見せ板とかも多いので買うつもりも無い注文が約定した場合は、あわてて注文を取り消したり投げて来たりするので板は厚い方へ向かいます。