ここから本文です

荒川化学
超絶材料でたよ
技術革新レベル

今回、共同開発チームは、それぞれ独自の技術を持ち寄り、プラスチック基材上に有機無機ハイブリッド膜を下 地として形成し、更にAD法でセラミック膜を付ける手法により、実用的なセラミックの表面コーティングが可能 となることを見出しました。本技術の応用範囲は極めて広く、自動車に使用されているガラス代替や、フラットパ ネルディスプレイの品質向上など、各種部材の軽量化や、ガスバリア性向上といった技術革新に貢献すると期待