IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>614

19年6月19日の開示で以下のように書かれています。

当社に対して純投資目的で資金を出資して頂けるとの意思表明を頂いております。
また、当社が割当予定先を選定した理由は、割当予定先は純投資を目的としていることから、当社の経営に参加し、また当社を子会社化又は系列化する意向がないことが明らかであるためです。

割当予定先である株式会社MTキャピタルマネジメント、オリオン1号投資事業有限責任組合は、純投資を目的としております。

引用終わり
実際その後の大量報告書も変更報告書もずっと保有目的を「純投資」と金融庁に提出していたのに昨年9月になって急に「投資及び状況に応じて経営陣への助言、重要提案行為等を行うこと」に変更しました。

この一連のセノーテの行動はクレア経営陣に「ウソ」を言ったように感じたので、そう書きました。

  • >>618

    ・これは契約書に明記してあることですか?
     なければ多分裁判は門前払いでしょう。

    ・従って「ウソ」を言った云々は法律論ではなく倫理かと思います。
     となるとクレアが最初に言った嘘も問題になります。
     当初の話ではMTに2千万株、セノーテに千万株を15円で割当
     会社の現金1億円強を加えて5.5億円で買収するが年間6千万円の
     収益を見込む話でした
     7月初めに買収したので2Q決算で結果発表がありましたが
     買収時点で2.4億円の負債を背負いこみました。
     この負債は予めMTとセノーテに説明していません。
     こっちの 嘘は法的に訴えることができると思いますが。