ここから本文です

全体的に出来高が伴わずファンダよりも需給面が株価に寄与する地合いのなか、ここはあからさまに売られていますが、目標株価に達し売り玉がなくなれば必ず買い戻しに転じます。業績予想は良好で需給も好転、ワラントも終了の注目銘柄のため、決算前後の買い戻しとともに新規買いが入り出す時が個人の買いポイントかと思います。