IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

▪️株価は毎日上下するものだから、当たる確率の50%を楽しむのも良いが、そのうち何の為にQDレーザの株をキープしているのか分からなくなる人もいるので、下記の事柄で息抜きをしましょう。

🔴QDレーザは、「光で世界は進化する。」というコーポレートメッセージを掲げ、世界最先端の光の技術を開発し、実用化しています。

QDレーザは数多くの特許を取得していますが、どんな特許か理解出来る人は殆どいないので、技術に置き換えて見ると何となく分かった様な気分になる。

さて、下記の6つの技術の中で❻は既にこの掲示板で話題になっているアイウェア関連。その他の技術は投資しているNTTとの開発が当然進んでいると思われる(次世代光通信の本命は量子ドットレーザであるので当然NTTとの開発)
それ以外に国内外の大企業との交渉や開発が進んでいると思われる。
5G/6Gや量子コンピュータ関連のニュースを首を長くして待ちたいと思います。しかし、競争の為、顧客の要求で当分の間㊙︎にするだろうから、IRとしての発表は直ぐには期待出来ないと思う。

光なら何でも興味があると言う菅原社長は工学博士であるが、元々物理研究者で、フィジカル・レビュー(Physical Review:アメリカ物理学会が発行する学術雑志)などの学術雑志に何十本も論文を書いていて、直接関係が無い様な動植物や医学関係の世界からもコンタクトが有るかもしれませんね。量子ドットは作物の成長を加速すると言われていて、量子ドットを利用した製品を農家に届けている企業もある様だ。QDレーザならもっと良い製品を作れるかも知れない。

🔷QDレーザ が今まで蓄積して来た6 つの技術

❶ 量子ドットレーザ:
世界で唯一量産化に成功し、耐環境性能に優れた(100°C以上での特性 劣化も少なく 200°Cでもレーザ発振可能)🔶究極の光通信・シリコンフォトニクス用半導体レーザ

❷ 分子線結晶成長:
世界最高品質の半導体レーザを支える最先端エピタキシー技術

❸ レーザ設計:
高機能半導体レーザを実現するレーザ設計技術

❹ グレーティング形成:
半導体レーザの波長を自在に精密に制御する技術

❺ モジュール小型化:
モジュールの小型化、高信頼化を実現する設計、実装技術

❻ VISIRIUM@テクノロジー:
網膜にデジタル画像を直接投影する新技術