新機能のお知らせ
各銘柄ページに新設された「適時開示」タブより、最新の適時開示情報を簡単にご覧いただけるようになりました。
ぜひご利用ください。
【新機能】適時開示情報が閲覧可能に!
ここから本文です
Yahoo!ファイナンス
投稿一覧に戻る

(株)岐阜造園【1438】の掲示板 2023/05/12〜

169

oh_***** 強く買いたい 2月19日 20:11

編集部 前回はみきまるさんに、『オニールの成長株発掘法』を著した米国のモメンタム株投資の第一人者、ウィリアム・オニールの投資法を解説していただきました。彼は、大化けする株の条件を「C」「A」「N」「S」「L」「I」「M」で始まる英語で示した「CAN-SLIM(キャンスリム)投資法」を提唱しました。この投資法に当てはめて今の日本株市場で銘柄を探すと、USEN-NEXT HOLDINGSなどが挙がるそうですね。

みきまる はい。他にはアダストリアも候補になりそうです。同社は「LOWRYS FARM(ローリーズファーム)」などを展開するカジュアル衣料大手で、2023年にはフィリピンに子会社を設立。東南アジアへの展開を進めているという点で、「N」(Newer Companies, New Products, New Management=新興企業、新製品、経営陣の入れ替えなど)の条件を満たしています。また、売り上げも伸びており、アパレルでは日本トップクラス。その他の条件にも当てはまっています。

岐阜造園も候補に挙がるでしょう。同社は日本で唯一の造園専業の上場企業で、「L」(Leader or Laggard=少なくとも業界の上位2、3社に入っていて、相場を主導する銘柄)に合致しています。23年には積水ハウスが同社を持ち分法適用会社としました。今後、大型ビルなどで緑化が進み、需要が高まると見られることから、他の条件も満たしています。