ここから本文です

>>268

bingoさん、そこ微妙だと思います。

現状の株価で公募増資に切り換えるとなると、
ここからディスカウント必要ですよね。
そうなると、MSワラントのまま行使価格を下限まで目一杯下げるのと
調達資金はそれほど変わりません。
さらにISBは大和に新株予約権の買戻しの700万円も払わなければなりません。

また、MSワラントによる希薄化は織り込んでいるとしても、
実際に公募増資をした分が市場で売りに出れば、実際の需給悪化によって、
さらなる機関や売り方の仕掛けもありえます。

ただ、何かしら、例え悪材料でもISBが動いた場合、
一旦、行き過ぎて底打つ可能性が高いですね。