ここから本文です

近年の働き方は様変わり、国会審議の行方で更に大きな変化が見込まれる。
社会の原動力に、不利にならない方向付かが望まれる。
ヒューマンリソースの分野で光が当たる時が必ずやってくる。