ここから本文です

不動産の新しい潮流「不動産テック」
リーウェイズ(巻口成憲社長)では6000万件の取引データとAIを活用した収支シミュレーションツールを提供しています。
駅徒歩、構造、築年数等の簡単入力で利回り推移、CF、返済の分析、物件価格の変化を確認できます。
個人も1件1000円で利用可能。
AIツールがあれば、かぼちゃやTATERUのようなトラブルは回避できたはずです。
資料出所:家主と地主9月号
不動産テックは2019年のキーワードでネット検索すると2600万件ヒットします。
常識をひっくり返す様々な事例が生まれています。