ここから本文です

高齢者のブレーキの踏み間違いで、加害者はブレーキが効かなくなったと言っている場合があるようですが、私の勝手な考えでは、条件反射の機能が衰えている気がします。車の運転は危ないと思ったらブレーキを踏んだり、あの距離なら右折出来ると判断してアクセルを踏んだり、通勤経路ならあの交差点では右折するなど慣れてくると条件反射で運転する場合が多いですが、例えば危ないと感じたてブレーキを踏む動作をしているつもりが足の筋肉が追い付いていなくて、足を左にずらすことなくアクセルを踏んでいるのではないでしょうか。