ここから本文です

★9:52  川崎重工業-みずほが目標株価引き下げ 精密機械・ロボットの先行きを注視したい
 川崎重工業<7012.T>が続落。みずほ証券では、精密機械・ロボットの先行きを注視したいとコメント。投資判断「中立」を継続、目標株価は3000円→2700円と引き下げた。
 今20.3期は車両が収益改善に向かうと予想するとしたが、短期業績は精密機械・ロボットに左右されやすい状況下で、中国経済の先行き不透明感が解消されない限り、当面は上値が重い展開が続くと考えられる。また、為替変動が業績へ与える大きく、105円/ドル前提では営業減益となる可能性がある点にも留意が必要。中期的には22.3期から民間航空機、航空機エンジンの伸長が期待されるが、エントリータイミングはまだ先との見方を示した。