掲示板をご利用の皆様へ 禁止行為再読のお願い
禁止・迷惑行為が継続して行われる場合は利用停止などなんらかの措置を行う可能性がございます。
【掲示板】禁止行為、投稿に注意が必要な内容について(以下一例)
 ・ひとつの投稿に対し「そう思う」「そう思わない」ボタンを複数回押す行為
 ・不快感・嫌悪感を生じさせるような表現または画像の投稿
 ・プログラム等を用いて機械的にデータを取得・操作する行為
誰もが安心してご利用いただけるようご協力をお願いいたします。
ここから本文です

1,432

+16(1.13%)
  • 前日終値
    1,416(02/21)
  • 始値
    1,419(09:00)
  • 高値
    1,435(14:52)
  • 安値
    1,392(09:14)

掲示板「みんなの評価」

強く買いたい 46.15%,様子見 3.85%,強く売りたい 50%
  • 強く買いたい
  • 買いたい
  • 様子見
  • 売りたい
  • 強く売りたい

直近1週間でユーザーが掲示板投稿時に選択した感情の割合を表示しています。

掲示板のコメントはすべて投稿者の個人的な判断を表すものであり、
当社が投資の勧誘を目的としているものではありません。

  • 847

    金の卵 強く買いたい 2月25日 06:06

    浮動株2.2% 240万株の奪い合い。
    うち俺みたくガチボルダーやNISA組が多ければ多いほど市場に流れる枚数が減る😱

    PER6.36倍 割安銘柄確定中‼️‼️
    今後売上をのばしていければ?
    同業他社のPERと比べても激安中㊙️㊙️㊙️
    とある大口さん❓❓❓が株価を明らかに抑えている今買うか?売るかよーーーく考えてみよう。

    高値を追うな。
    株価を急な空売りで抑えてくれている今がチャンス🤫🤭
    上手く空売りを利用すべし

    自動運転フォークリフトが世界中で普及したら爆益、爆益す

    何でも高くなってから飛びつくのではなく安い時に仕込める人がこの世界では利益を産む

    ご自身でしっかり調べて売買は自己責任で行いましょう💰💰💰

  • 844

    金の卵 強く買いたい 2月24日 16:32

    ここは慌てなくても割安銘柄で取り上げられて爆上げするよ。
    まだ仕込み期間で上げたくないお方がいるみたいだね。

  • 産業用エンジンがほぼ全て型式指定取り消し、
    豊田自動織機の再取得は「いばらの道」
    日経クロステック
    2024.02.23

  • >>839

    フォークリフト国内大手4社の株価指標を比較しました。
    圧倒的に割安な会社が1社ありますね。

    フォークリフト4社比較  株価 23期PER 23期増益率
    7105 三菱ロジスネクスト  ¥1,432 5.3  320%
    6201 豊田自動織機    ¥15,275 21.1  17%
    6301 コマツ        ¥4,270 11.9  4%
    6302 住友重機械工業    ¥4,566 17.1  466%

    7105 - 三菱ロジスネクスト(株) フォークリフト国内大手4社の株価指標を比較しました。 圧倒的に割安な会社が1社ありますね。  フォークリフト4社比較  株価 23期PER 23期増益率 7105 三菱ロジスネクスト  ¥1,432 5.3  320% 6201 豊田自動織機    ¥15,275 21.1  17% 6301 コマツ        ¥4,270 11.9  4% 6302 住友重機械工業    ¥4,566 17.1  466%

  • 【フォークリフト国内トップメーカー4社の特徴】
    フォークリフトは、物流業界や製造業において必要不可欠な車両です。
    本記事では、日本国内においてトップシェアを誇るフォークリフトメーカー4社の特徴について解説します。

    【フォークリフト国内大手メーカー4社】
    ・豊田自動織機
    ・三菱ロジネクスト
    ・小松製作所
    ・住友ナコ

    【豊田自動織機】
    豊田自動織機は、世界トップシェアのフォークリフトメーカーです。
    豊田自動織機の特徴は販売するフォークリフトの種類の多さです。
    最大荷重0.5t~40tの車両にエンジン式とバッテリー式の両方ラインナップされています。
    全国に270の拠点があり、販売やメンテナンスサービスも充実しています。
    フォークリフトには独自の転倒防止機能やリチウムイオンバッテリー搭載車など最新の技術も導入しています。
    現在、世界シェアでも1位を獲得していますが、ドイツ大手のKion社と世界首位を争っているのが現状です。

    【三菱ロジネクスト】
    三菱ロジネクスト株式会社は、国内フォークリフトシェア2位、世界シェア5位の企業であり、2回の経営統合で発足した企業です。
    前身企業由来の「ニチユ」「三菱」「TCM」および「ユニキャリア」というブランド名でも知られています。
    経営統合前の社名であるニチユ三菱フォークリフト株式会社は、2013年に日本輸送機株式会社(ニチユ)が三菱重工業のフォークリフト事業を会社分割により承継して発足した企業です。ニチユは、1939年に国内で初めてバッテリーフォークリフトを開発し、1958年には日本で初めてリーチフォークを開発しました。また、三菱重工はエンジンフォークリフトに強みがあり、北米や欧州などの海外市場を中心に幅広いニーズに応えていました。
    TCMは、1949年に国産初のエンジンフォークリフトを製造し、大型特殊荷役車両に優位性を持ち、自動車技術を活かした技術開発で確固たる位置にあった。
    2013年に日産フォークリフトと統合し、ユニキャリアとなりました。
    三菱ロジスネクストはニチユ、三菱重工業、ユニキャリア、TCMの4社が合併し、2017年から三菱ロジスネクストに社名が変更されたのです。

    ttps://forklift-web.com/kinds/manufacturer

  • 【産業用エンジンがほぼ全て型式指定取り消し、豊田自動織機の再取得は「いばらの道」】
    日経クロステック 2024.02.23

     豊田自動織機が手掛ける現行の主力の産業車両用エンジンは、フォークリフト向けが4機種、建設機械向けが1機種。型式指定の取り消し処分を受けたのは、これらの計5機種だ。フォークリフト向けはディーゼルエンジンに「1KD」と「1ZS」が、ガソリンエンジンに「4Y」と「1FS」がある。一方、建設機械向けはディーゼルエンジンの「1KD」だ。
     このうち、フォークリフト向けディーゼルエンジンの1KDと1ZSは2023年4月時点で既に型式指定を取り消されている。共にPM(粒子状物質)が規制値を超えていたためだ。
     今回、国土交通省はまず、建設機械向けディーゼルエンジンである1KDの型式指定を取り消す判断を下した。これは窒素酸化物(NOX)の規制値の超過が判明したためだ。法規が求める排出ガスの規制値を満たしていないのだから、予想通りの展開といえる。なお、豊田自動織機はこのエンジンを日立建機に出荷しているという。
     この建設機械向けディーゼルエンジンの1KD以上に国土交通省が「悪質な不正行為」(同省)と見なしたのが、フォークリフト向けガソリンエンジンの4Yと1FSである。同省が問題視したのは、豊田自動織機が認証試験をパスするためだけに造った電子制御ユニット(ECU)、いわゆる「試験用ECU」の不正使用だ。
     劣化耐久試験では量産品と等価なECU(以下、量産用ECU)を使わなければならない。ところが同社は量産用ECUとは異なるソフトウエアを組み込んだ試験用ECUを製作して劣化耐久試験(立ち会い試験)に臨んでいた。
     豊田自動織機はこの試験用ECUにおいて、「ガバナ特性」や「実噴射補正」、「エアフローメーター特性」、「目標EGR(排気再循環)率」、「目標過給圧」に関する制御パラメーター値を量産用ECUから変更した。これらの制御パラメーター値は排出ガスの各成分値に影響を与えることが自動車技術の専門家への取材で分かっている。そのため、「排出ガスを規制値内に収めようとして行った不正」と専門家から見なされている。
     今回、少なくとも国土交通省は豊田自動織機の言い分に耳を貸さなかった。同社は「測定用ベンチ(試験装置)が量産用ECUの制御方式に対応していなかったため、試験用ECUを使った。法規違反の認識はなかった」と日経クロステックに説明していた。

    ■不正企業には「厳しい審査」
     こうした型式指定の取り消し処分により、豊田自動織機は主力の産業車両用エンジンはもちろん、これらのエンジンを搭載するフォークリフトなども造れなくなる。同社としては、再発防止策の策定と実施によって不正体質を改善しつつ、型式指定の再取得に向けて進むことになる。
     型式指定制度では、申請から型式指定までの標準処理期間を定めている。企業が型式指定を申請すると、国土交通省は2カ月で審査して型式を指定するかどうかを判断することになっている。この2カ月というのが標準処理期間だ。ところが、不正行為に及んだ企業に対してはこの期限が撤廃される。なぜならば、不正を犯した企業を国土交通省は信用しないからだ。そのため、「じっくりと審査する。期限の目安などは特に設けない」(国土交通省)。
     果たして、豊田自動織機は型式指定を再取得できるのか。
     率直に言って、厳しい試練が待っている。同社のエンジン開発には、法規解釈プロセスが組み込まれていなかったことが分かっている。法規を解釈する専門部署がなく、開発部門内で認証業務を担ってきた。これが法規内容に関する解釈の間違いやコンプライアンス(法令順守)を軽視する姿勢を生んできた。
     この点については、「法規渉外認証室」や「法規認証管理部」という専門部署を新設して手を打ったものの、その機能を十分に果たせるか否かは未知数だ。

    ttps://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/02402/022200009/?P=2

  • >>833

     最後に、三菱ロジスネクストには、世界中のパートナーと協力しながら変化と成長を続けてきた歴史、そこで培われた互いを尊重する文化があります。これまで築いてきた独自の文化も大切にしながら、急速に変化する物流ニーズに合わせて、今後もタイムリーかつスピーディーに進化して持続的な企業価値の向上に努めます。

    間野 裕一 三菱ロジスネクスト株式会社 代表取締役社長
    ttps://spectra.mhi.com/jp/handling-materials-the-forklifts-driving-a-global-manufacturing-revival

  • >>832

    ◇今後の成長に向けて
     三菱ロジスネクストは、パンデミック以降の物流機器への旺盛な需要に対し、幅広い製品ラインナップで対応し、受注残はおおむね好調に推移しています。しかしながら、半導体などの部品の逼迫や供給の遅れにより、生産の落ち込みやリードタイムの長期化などの課題にも直面したことから、更なるサプライチェーンの強化と多様化を推進してきました。
     こうした対応を行った結果、2023年3月期の売上高は前年比約32%増の6,154億円と過去最高を記録することができました。今後は最重要市場である米国と成長が期待できるアジアでの成長を目指し、事業基盤である日本と物流の最先端を行く欧州では安定かつ着実な成長を目指していきます。
     フランチャイズディーラーは流通戦略上重要な位置を占めていますが、同時に各地域のお客様との直接の接点を構築し、製品提案からアフターメンテナンス、付帯サービスまで一貫して提供できる体制も整えています。
     一方で、三菱ロジスネクストは、物流機器メーカー4社の経営統合により誕生しましたが、各社それぞれが国内外における強みを持ち、ブランドに愛着を持つお客様もいるため、現在も三菱、TCM、ユニキャリア、ニチユ、CAT、Roclaなど、市場に応じて複数のブランドを展開しています。今後は、経営統合のシナジーを一層高めるためにも、“Logisnext”をコーポレートブランドとして活用し、三菱ロジスネクストの企業としての知名度を上げることを目指します。
     同時に、当社は、燃料電池車から、より大きな小売店や高度な物流センターなどの新しい環境で使用されるAGVに至るまで、常に技術開発や新しい用途の研究を行っています。また、三菱重工グループが他の多くの製品で提供しているのと同様に、安全性の向上、故障予知、予防保全など、製品のサービス向上に役立つ多くの機能を当社のモデルに付加しています。
     製品・技術開発における三菱重工グループの一員であることの強みと同時に、独立した会社としてのメリットも当社の経営陣は大事にしています。機敏で迅速な意思決定によって、急速に進化する市場に適応する能力は、これまでもそしてこれからもビジネスを成功させるための重要な要素なのです。

  • >>831

    ◇電動化と自動化
     物流を取り巻く課題として、脱炭素の実現の他、物流量の増加に伴う人手不足や労働負荷の増大など社会的課題が深刻化しています。同時に物流の小口化・細分化・迅速化へのきめ細やかな対応も求められています。こうした課題のソリューションとして、フォークリフトの電動化と自動化が進展しています。電動化はCO2削減といった環境性能だけでなく、騒音や排ガスの低減など、多くのメリットがあります。また、自動化には省人化や生産性の向上、作業環境の改善などのメリットがあります。しかし、その進展度合いは地域差が大きく、いずれも欧州が先行しており、中国は今後の進展が待たれます。今後10~20年の間に、大型モデル以外はすべて従来のエンジンフォークリフトからバッテリーフォークリフトに切り替わり、電動化はより一般的になると考えられています。
     今日のAGVは比較的単純なタスクしか実行できませんが、三菱重工グループのΣSynX(シグマシンクス)のようなあらゆる機械を連携させるミドルウェアの進展により、自動化が進む工場や倉庫の全区画を1人のオペレーターが管理することも想定できます。それは、タブレットやスマートフォンを介して実現されるかもしれません。

    間野 裕一
    三菱ロジスネクスト株式会社 代表取締役社長
    ttps://spectra.mhi.com/jp/handling-materials-the-forklifts-driving-a-global-manufacturing-revival

  • >>830

    ◇幅広い製品ラインナップと海外展開
     こうした先端分野への投資、そしてeコマースの興隆を背景に、工場や倉庫、物流センターなどが次々と建設され、これまでにないほど物流サービスの需要が生まれており、鈍化の兆しはほとんどみられません。
     このような施設において、多種多様な形状・大きさの製品や部品、設備を移動させるためにフォークリフトなどの物流機器が必要です。その結果、2,000億ドル規模の物流機器市場は、パンデミックの終息後から活況を呈しており、今後10年間、毎年6%近くという健全な成長を続けると予想されています。
     物流機器には、フォークリフトの他、自動倉庫やコンベアなどの多種多様な機器があり、各機器を製造するメーカーが数多く存在しているため、物流機器の市場は細分化された市場と言えます。三菱ロジスネクストは、この物流機器市場において、グローバルに事業を展開している数少ない総合物流機器メーカーです。世界シェアは5~6%ですが、シェア10%を超えるアメリカとシェア35%の日本での事業が強く、収益の約70%は日本以外の国で生み出されています。
     当社は伝統ある物流機器メーカー4社を核として2017年に発足しました。現在、エンジンおよびバッテリーフォークリフトから、無人搬送車、港湾でコンテナを移動できる40トン級フォークリフトまで、幅広いラインナップを取り揃えています。また、世界で14の生産拠点を展開しており、100カ国以上に販売しています。
     当社のフォークリフト事業は、2013年のニチユとの合併により確固たる事業基盤を確立しました。ニチユは日本で初めてバッテリーフォークリフトを開発、1971年には世界初の無人フォークリフトを開発した業界のパイオニア的存在です。現在、当社のフォークリフトの半分以上がバッテリー式で、無人搬送車(AGV)や無人フォークリフト(AGF)も充実したラインナップを揃えています。

    間野 裕一
    三菱ロジスネクスト株式会社 代表取締役社長
    ttps://spectra.mhi.com/jp/handling-materials-the-forklifts-driving-a-global-manufacturing-revival

  • 【世界の製造業の復活を支えるフォークリフト】
     世界中で、多くの国が製造業回帰に向かっています。先進国の多くはサービス産業に力を入れ、製造業は他国にアウトソーシングしていましたが、地政学的な緊張によるサプライチェーンの断絶に直面し、空洞化した産業を国内に戻そうとしています。また、国内で広がる格差を是正するために、「良い仕事」を生む製造業の魅力が見直されています。
     加えて、日本や欧米では環境技術、ロボット工学、ナノ材料などの将来有望とされる新興分野のリーダーになることを目指し、先進技術分野への投資を支援する法案が立て続けに成立しています。クリーンエネルギー移行のための環境技術への投資を奨励する米国のインフレ抑制法や欧州連合(EU)のREPowerEU協定、そして半導体の復権を目指す米国のCHIPS法や日本による半導体産業への補助金などがあります。
    2023-06-30 By 間野 裕一 三菱ロジスネクスト株式会社 代表取締役社長
    ttps://spectra.mhi.com/jp/handling-materials-the-forklifts-driving-a-global-manufacturing-revival

  • 豊田自動織機只今漠上げ中、馬、鹿サンタさん、下げ始めたら空売りしてみな、かなり利益とれると思う。

  • 馬、鹿サンタとやりあってもなんのとくにもならぬ、四季報も重要な一つの指標になる、まあ、株価があがれば良い、少なくても、過去最高益の株がたいしてあがってないのに空売り、どう考えたってキングオブ馬、鹿、仮に利益が得られたとしてもこんなとこ空売りしてるようなやからはトータルで必ず損する。

読み込みエラーが発生しました

再読み込み