ここから本文です

2016年に増強投資したインドネシア子会社は前期に営業黒字化を果たし、今期も2割超の売上成長と完全軌道化。5億円の貸倒引当金は第1-第2四半期で回収が進んでいて、第3四半期決算におけるインパクトは絶大で、サプライズとなる可能性あります。