IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です
  • >>321

    MMAモノマー市況軟化は新型コロナ以前から供給増起因で続いていましたが、MMAモノマーの原料安に新型コロナによる消費先の工場稼働率低下など経済停滞に伴う需要減でさらに安くなりました。
    MMAモノマー安は綜研化学にとって好材料。
    但し景気の影響を受けやすく、今期業績はリーマンショックレベルかそれ以上の絶望的。過去の例で類推すると2022.3は反動で回復でしょうが。
    決算発表は今期予想は未定でしょうが配当前期同額を出してきたならかなり安心感は出るけど素直に配当予想含め全部未定の可能性高いかな。

    リーマンショック時と違う点は2021夏オリンピックに向けたテレビ需要とテレワークや遠隔授業普及に伴うディスプレイ需要。給付金でテレビ買ったり、補助金でテレワーク機材購入されたり、教育支援で学生にディスプレイ配ったりで、リーマンショックほどひどい業績にならないかもしれませんが。