ここから本文です

出典:国境なき医師団(MSF)日本>エボラ流行に関する報告書の日本語版「極限まで、そしてその先へ」より
以下。アビガンの記載部  組織の一部の ””””対応の不味さを言って居る”””と思う。
・・・・・・・・・・・・・・8月。MSFは、設立以来、初の決断を下した。他の研究機関、WHO、流行国の保健省、製薬企業などと協力して、実験段階にある治療薬ワクチンの臨床試験に乗り出したのだ。流行の深刻さを考慮して出した結論だった。2014年12月17日、西アフリカで初となる実験的エボラ治療薬「ファビピラビル(商品名アビガン)」。ギニアのゲケドゥ県にあるMSFエボラ治療センター・・・・・