IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

今まで数限りなくこの会社には騙され続けたが、この度は、実現蓋然性が非常に高いと思う。なぜなら本治験の緊急性の高さは他の治験と比べ物にならない(他の案件も勿論患者さんにとってはいち早くの投薬が望まれるが)今までのファーストトラックとは次元が違うと思われる。結果が判明するには数週間かかるであろうが、たかが数週間ともいえるのであるから。取り敢えず期待を最大限膨らませてもよいのではと思う。