ここから本文です

岡島 正恒 電話番号: 03-3519-5010 E-mail: infojapan@medicinova.com
MN-166 とリルゾール併用療法でのALS(筋萎縮性側索硬化症)および その他の神経変性疾患を適応とする特許承認のお知らせ
コード番号:
問合わせ先: 東京事務所代表 副社長
2019年 1月 22日
2019 年 1 月 21 日 米国 ラ・ホイヤ発 – メディシノバ (MediciNova,Inc.)(米国カリフォル ニア 州ラ・ホイヤ、


代表取締役社長兼 CEO:岩城裕一)は、MN-166 (イブジラスト)とリル ゾール併用療法に関して、ALS(筋萎縮性側索硬化症)および、その他の神経変性疾患を適応と して出願中の特許に対し、米国特許庁から承認の通知がありましたことをお知らせいたします。
本特許は MN-166 とリルゾールの併用療法による ALS(筋萎縮性側索硬化症)および、その他の 神経変性疾患の治療法に対するもので、少なくとも 2035年11月までをカバーします。
本特許の対象になるのは、ALS のほか、アルツハイマー病、パーキンソン病、多発性硬化症、ハ ンチントン病、レビー小体病、運動ニューロン疾患、脊髄性筋萎縮症、脊髄症、外傷性脳損傷、 脊髄損傷などを含む、広範囲の神経変性疾患です。
当社は、ALS 治療のための MN-166 単独療法での米国特許が承認されており、当該特許は、2029 年 1 月まで有効です。他には一次性進行性多発性硬化症および二次性進行性多発性硬化症の両方 を含む進行性多発性硬化症の治療のための MN-166 単独療法での特許も承認されており、これら の特許の最初のものは 2029 年 11 月まで有効で、MN-166 が進行性多発性硬化症の適応で新薬承 認を受けた場合、特許期間の回復は 5 年追加され、特許の有効期限は 2034 年 11 月まで延長され ます。





alsは2034年11月まで守られてるよー