ここから本文です

自動運転はフラットなアライアンスだ。下請け下請けというなや。

ティアフォーの加藤氏も言っているだろう。
昔のトヨタのような部品供給メーカーの囲い込み、企業城下町的な発想は捨て置く事だ。

協業していち早くサービス化し、win winな関係を築いて行く。自社でできない機能は他社とのアライアンスで実現して行く。

天下のトヨタすらこのスピード感に対応できず、オリンピックに間に合わない事がわかり、莫大な投資をした子会社のTRI-ADではなく、自動運転AIはティアフォーのautowareを採用した。