ここから本文です

◆正常性バイアスにとらわれているぺプチホルダー

正常性バイアスとは、「自分にとって都合の悪い情報を無視したり、過小評価したりしてしまう人の特性」のことで、ぺプチホルダーはしっかりと事実に目を向けたほうがよい。

正常性バイアスの典型例である大邱地下鉄放火事件は、198人以上の死者が出た大惨事であるが、「被害はたいしたことがないのでその場に留まるように」という旨の車内放送が流れたことが、その正常性バイアスをさらに助長したと言われている。

ぺプチに当てはめると、「経営陣の成長を煽るようなコメント」がこの車内放送に該当するであろう。

賢明な投資家は、「成長性がなくなりつつある現状」「いつまで経っても治験が進まないという事実」「経営陣がこっそり株を売却しているという事実」に目を背けてはいけない。

さもなくば、大惨事で逃げ遅れますよ。
そういえば、同じ韓国の事件であるセウォル号沈没事故でも、「動かないでください」と乗客に言いながら、船長が真っ先に脱出していたという事実がありました。