ここから本文です

やまだかつてMSワラントをして約半年、ほとんど行使できていないバイオなど
日本の歴史上無い。
ここは、ある意味歴史に残るバイオである。
マーケットはここのあざといやり方、そして投資家をバカにしたやり方について
完全にノーを突き付けた
それでも夢を見たい人はいるものだが、自己責任だからそれは否定されるものではない。
勝手に泥舟と沈むがよかろう。
ただし握ってれば勝てるならバイオ株は右肩上がり銘柄がある、という事
しかし実際にはそんなのない。少なくとも新興赤字バイオにはそんなのない。
逃げ遅れの連中はゴマンといる。
それが事実だ。