ここから本文です

VBLから先ほどascoの発表のデータが
出ました。雑な書き方ですみません。

VBL Final Phase 1/2 Study Results Presented at ASCO Demonstrate VB-111 Dose Dependent Increase in Overall Survival and 58% CA-125 Response Rate in Platinum-Resistant Ovarian Cancer
ASCOで発表されたVBL最終フェーズ1/2の試験結果は、白金耐性卵巣癌における全生存期間のVB-111用量依存的増加および58%CA-125奏効率を実証する

VB-111は、治療用量対低用量で全生存期間において統計的に有意な増加を示した(498日vs 172.5日、p = 0.03)。

CA-125反応(GCIG)は58%の評価可能な患者で報告されており、治療用量のVB-111で治療された患者において全生存率の予測であった
治療後の腫瘍浸潤CD8 T細胞およびアポトーシス癌細胞は、免疫学的に「寒い」から「熱い」への腫瘍転換を示し、おそらく好ましい臨床転帰に寄与している

VB-111に対する発熱反応は29%の患者に発生し、良好な全生存期間と関連していた

  • >>1070

    続き

    VBLの臨床開発担当副社長であるタミ・ラクミレヴィッツ医学博士は、次のように述べています。治療学「高いCA-125反応率、長期間の反応および腫瘍への免疫細胞の動員は、VB-111の活性のさらなる証拠を提供し、そして卵巣癌におけるその継続的な発達を支持する」と述べた。

    VBL Therapeuticsの最高経営責任者(CEO)であるDror Harats氏は、次のように述べています。 「重要なことには、CA-125がVB-111活性のバイオマーカーとして減少することを示唆するデータは、2019年末頃に中間解析が予想される我々の第3相OVAL試験にとって価値があり得る。さらに、VB-111の能力卵巣癌のような悪名高い「寒い」の腫瘍を「熱く」することは、VB-111が他の風邪の腫瘍にまたがってより広い適用性を持ち得ることを示唆している。我々は、VB-111の可能性に関するより多くのデータを提供するために、rGBMおよび結腸癌における研究者主催の試験の開始を楽しみにしている。