IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

本日、今年初めての商いを決行しました(^^)/

やはりね、半年前のYの書き込み通りのザー様アキレス腱になりそう。

THE WALL STREET JOURNAL 2022年1月5日
【コロナ経口薬、患者が知っておくべきリスク】
”ファイザー製には薬物相互作用、メルク製は妊娠中使えず”
パクスロビドの薬物相互作用の問題は、リトナビルが「CYP3A」と呼ばれる体内の天然酵素を阻害することで生じる。これはパクスロビドの効果を促進するのに役立つが、CYP3A酵素は他の多くの薬剤の代謝にも影響する。体外への薬物排出でCYP3Aに大きく依存する他の薬剤を服用している場合、パクスロビドを同時に服用すると、他の薬剤の濃度が通常より高くなり、危険な状態に陥りかねない。