IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>521

確かに・・・最近のBMY株価の回復は、一時のネガティブニュースの総悲観からの回帰ですね。ただ、小野とBMYですと売上構成比に占めるオプのウェイトが全く違いますから。小野が大きく売り込まれる要因は、オプの一本足打法に対して、ネガティブニュースを利用して一気に売方にやられてしまうことですね。まだまだ特許が有効なうちに、この潤沢なキャッシュフローで次につながる製品構成を早急に築き上げて欲しいものです。規模からすると相当な研究開発費を連続して計上してますから。効率よく新製品群を育ててほしいですね。