IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

あまりバイオジェンの動向を意識する必要はありません。
そもそもバイオジェンは全米で9番目くらいの規模で、最大のメルクの四分の一程度の売り上げです。
そこが、全米で最大規模の需要が見込めるアルツハイマー予防薬という金鉱脈を掘り当てました。
何を弱小がという思いが業界には強いわけで、現下の妨害は予定の範疇でしょう。むしろすんなり(といっても2回目ですが)認可されたというべきです。
エーザイはバイオジェンの米国での騒動に関係なく、粛々と欧州そして日本での認可を見守るばかりです。
コロナが残した功績の大きな一つは、日本における新薬承認の簡素化・スピード化の世論形成です。帝京大による拙速な治験データーに基づく輸入血液製剤認可によるHIV事件。これに懲りて基本的には新薬を認めたくない厚生労働省。これをコロナ禍の世論がぶち破りました。この恩恵を最初に受けるのはアデュカヌマブなのです。