ここから本文です

85歳になっても、生活のために治験のバイトをする姿、なんだか自分の未来かもしれない。もし株で立ち直れない失敗したら、そんな選択をするかもしれない、他人事ではありません。