ここから本文です

チタン工業は、時価総額が90億円の小さな会社。
今年の純利益が約5億円。
例えば、利益が25億円出せるようになれば、
単純に株価は5倍になるなというように考えておけばいいとおもう。
将来は、どの位の利益になるのでしょうね。
100億円ぐらいの利益が出せる会社にはなって欲しいね。
株価20倍だね、いいね。



東芝の電池は、4000億円の売上げとかの目標が出ているが、
それはあくまで現行の東芝電池についてだとおもう。
ニオブの新型の電池はまだ無いからね、入ってないだろな。


それと、インドでは、スズキと組んで新会社を作っての電池の製造販売になる。
これは、東芝としての電池の売上げ予定には入らない。
スズキ主導の新会社の電池になる。
しかし、電池のメーカーがどこになったとしても
チタン工業は、事業として売上げ利益が望める。
チタン工業にとっては、電池メーカーの名前には関係が無く仕事になる。


トヨタもEV化するのに東芝の電池を採用すると明言している。
しかし、東芝ブランドの電池ではなく、
スズキのように東芝と新会社を作ってやるような気がする。
その新会社のブランドでニオブの新型電池の製造販売をするのではないかな。
まぁ、予想は空想だけどね。
ニオブの新型電池は、今までよりももっとEVに向いているだろうし。

もしかすると東芝は、中国のメーカーと新会社を作るかもしれないし、
ヨーロッパの自動車メーカーと新会社を作るかもしれない。

自動車メーカーにとって
本格的に電池を採用するのなら
資本提携が不可欠になるような気がする。
自動車メーカーにとっては、EVの電池は生命線になるから。

しかし、チタン工業にとってその電池のブランド名は関係なく、
チタン工業の仕事にはなる。

夜遅くに長々と書き込み。
おやすみ。