IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

一部昇格による流動性の向上、機関投資家側の投資制約の緩和、それらに伴ってこれまでは割り引かれていたバリュー評価の水準訂正。
そのあたりの要素の8割方が消化されて1500円といったところか。

この段階ではまだテーマ性(半導体や自動車向けの産業ガス、水素、省力化ロボ)の部分については未評価とも言えそう。これらの伸びしろ狙いの買いが入ってくると面白そうだね