ここから本文です

>>7

アバントの中期計画でM&Aと言ってますが、現実を見ると一番現実味がありメリットが双方に期待できるのが

電通国際情報サービスISID (4812)のお荷物になってるビジネスソリューション事業
をアバントと同社で業務提携&資本提携を行いビジネスソリューション事業をアバント傘下の子会社に統合することではないでしょうか???

アバントには元論のこと、電通国際情報サービスISIDにもメリットのある「絵」が
描けるのではないかと思います。

狂人の戯言ですからあまり真剣に聞かない方が良いと思います。あははは