ここから本文です

グリーン・コミュニティの創造を目指す日本アジアグループ株式会社(コード:3751、本社:東京都 千代田区、代表取締役会長兼社長:山下 哲生)傘下のJAGシーベル株式会社(代表取締役社長: 高橋 敏朗、以下「JAGシーベル」)は、Flovel Energy Private Limited(本社:インド共和国ハリヤーナ州、 Chairman & Managing Director:Maharaj Kar、Executive Director:Gautam Kar、以下「フローベル社」)と 事業協力契約(Business Collaboration Agreement)を締結いたしました。
フローベル社は、インド共和国に本社を置き世界規模で事業展開する水力発電用水車メーカーで、 JAGシーベルはこれまでフローベル社製水車の導入や水力発電事業の共同推進などにより、同社との 良好な業務関係を維持してまいりました。
今回の契約締結の背景としましては、国内の水力発電所が稼働開始から50年以上経過し耐久性の 面で設備更新の時期を迎え始めていること、そして、国産水車メーカーの供給能力の面で海外製水車 への需要が高まっていること、の2点があります。本契約の締結により、JAGシーベルは、日本仕様の フローベル社製水車および関連機器の独占販売権を得ることとなります。なお、既にJAGシーベルとフ ローベル社は、日本国内での合弁会社設立の準備も開始しており、今後JAGシーベルは、価格競争力 や生産能力の点で優位性のあるフローベル社製水車の日本における販売・導入支援活動を積極的に 展開してまいります。
日本アジアグループは、「安心で安全、そして持続可能なまちづくりで社会に貢献」をミッションに掲げ、 SDGs を追求する会社であり続けます。