IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>1008

今回のS高で、MACDやストキャス、パラボリック、RSIなどが続々好転し出して、どうもこれを見せられると、ここ一月の調整局面が買い転換した気がして、保有を続けたくなるんですよね。

増資も確かに懸念ですが、大部分は一部上場のために必要な「希薄化しない親会社の売り出し」ですし、大和への割り当ても4万株・2億円程度なので極端な需給悪化もしない。

かつTOPIX連動ファンドの実際の買いは12月に入り始めることから、市場に出回る株の大部分はファンドに吸い上げられるのではないかと見てますので、それほどのキツい調整は無いだろうと。まあ、甘い妄想ですが。

何より第三者割当で得られる資金は全額人件費と新規採用費に使う、というんですから。今回の目的は増資資金ではなく、改めて一部上場のための流動性向上というのがよくわかります。