IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>193

私個人としては、非常い良いニュースだと思っています。
レクサスに冷間プレスでの超ハイテン材が初めて採用されたことで、これからの方向性が見えてきた気がします。

ところで、太平洋工業は丸順の第四位の大株主です。
もともとトヨタのプレス部品はフタバ産業や太平洋工業が中心、その中で太平洋工業が受注したのは丸順にとっては歓迎すべきかもしれません。

さて本ニュースでの冷間プレス金型、太平洋工業の自社製品なのか、自社製品であれば品熟回数はどうなのか、ここらが一番知りたいところですが。。。

いずれにしても今後電動化の動きは益々加速してくるでしょう。
超ハイテン材での冷間プレスの未来は明るいと考えます。

丸順はそのど真ん中企業だと確信しています。

  • >>198

    「陽はまた昇る」さん初めまして。ご返事ありがとうございます。
    いつも有益な情報と、データーに基づいた心強い投稿に感嘆し、励まされ感謝しています。

    丸順の得意とする冷間プレスが、今後大きく成長していくであろうということは、わたくしにも予想できますが、大手JFEスチールとタイアップした太平洋工業の1.5GPa製品は丸順の技術をも飲み込んでしまうのではと、浅学の私には思ってしまいます。

    でも、おっしゃるように、冷間プレスに精通した太平洋工業が大株主であることは、丸順を高く評価していることだとも思っています。

    余談ですが、品塾回数という言葉の意味、前回の「陽はまた昇る」さんの投稿で初めて知った次第で,教えられることがいっぱいです。

    今後ともよろしくお願いいたします。