IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>751

そもそもここはインディーズのCD卸で、粉飾がバレて株価が暴落し、その後業績が低迷した時に当時低位株をよく買い漁っていたITJ法律事務所が大株主になり、色々ぶち上げたり、仕事を回して黒字化させたりして株価を一時的に上げて株を発行しまくりました。
その後、レッド・プラネット・ホテルズがITJから株を買って筆頭株主になり、ホテル事業を始めて、現在に至ります。
レッド・プラネットが大株主になったら、1年で2回もライツ・オファリングをやったり、魅力的なホテルには魅力的なレストランがあるからという理由で飲食事業を買収して始めてOakから資金調達をしたりしましたが、自社のホテルに結局出店せずに飲食事業から撤退。
(同じITJから買ったフードプラネットが上場廃止基準に抵触するのを避ける為に粉飾をやってた事が買収後に発覚したので、ここにとんでもない金額で赤字の飲食事業を借金付きで売却して、計画倒産みたいに潰しました)

アジア系の企業が日本のハコ企業を買い取った時は、上場している利点を最大限生かして出資したお金の元を取りに来ます。
ここもそんな臭いがしたので、8年前の暴騰している時に注意喚起に来ました。

飲食事業ではホテルも持っていないのに香港に事務所を作って2億円弱浪費したり(結局香港は事務所を出しただけで終わった)、実質親会社のレットプラネットホテルズのフィリピン子会社が作ったSPCへ出資&貸し付けて「親会社が保証するから大丈夫!」と言っていて、1年経たない内に出資したお金は全額減損、貸したお金は全額貸倒引当金を積んで特損を計上といったような感じで、レッド・プラネット・ジャパンから色々と金を毟り取って行きました。

前置きが長くなりましたが、そんな経営陣なので、ここの利用価値が無くなったら売却すると思いますが、まともな人が来る訳はなく、よりここを換金マシンとして利用しようとする人に売るのではないかと感じます。