ここから本文です

新日本科学、STAP細胞を研究

 新日本科学は再生医療などへの活用が期待される新たな万能細胞「STAP(スタップ)細胞」の研究を開始した。マウスの細胞を弱酸性の溶液に浸して刺激を与えるだけでどんな細胞にもなれるのが特徴だが、同社はマウスの次の段階とみられるサルの細胞を使って研究を進める。

明日の日経産業新聞に出ますね。