ここから本文です

世界の利下げ圧力に、景気対策、そして日経先物の現実の数字

16日のNY市場は上昇。ダウ平均は306.62ドル高の25886.01、ナスダックは129.38ポイント高の7895.99で取引を終了した。米長期金利の低下が一服し、ハイテク株を中心に買い戻しの動きが先行。中国が今年と来年の可処分所得を押し上げる景気刺激策を検討していることも報じられ、投資家心理の改善から終日堅調推移となった。セクター別では全面高となり、特に半導体・半導体製造装置や銀行の上昇が目立った。シカゴ日経225先物清算値は大阪比175円高の20565円