ここから本文です

この会社はどうでしょうか?


レオパの記事より抜粋


この問題は、業界を長年眺めてきた側からすると「さもありなん」と映る。不動産業界の人と雑談をしている際にこのことが話題になることは多い。ただ、業界人の関心は、レオパレスがどのような建築基準法違反をしたか、ということではない。業界内ではよく知られていたからだ。

 彼らの関心事は「あの会社は生き残れるのか」ということに尽きる。あるいは、いつまでもつのか。

 なぜか、「レオパレスに住んでいる人がかわいそうだ」というような話は出てこない。そちらには全く関心が向かないのだ。

 実のところ、不動産業界では一人ひとりのエンド(一般消費者)を大事にしよう、という発想は薄い。

 エンドというのは、どこかから湧いてきて自分たちの物件を買ったり借りたりしてくれる人々。数年以内に何度も買ってくれる太い客は大事にされるが、それ以外は一度きりの取引。その客が2度目に買ったり借りたりする可能性はほとんどない。それが現実だから2度目以降のことなんて考えない。


 多くの不動産業者は契約をして物件を引き渡すまでは至極丁寧に対応する。しかし、その後で何かが起こると、いきなりぶっきらぼうな態度に変わることがままある。

 これは、その不動産業者の企業規模が大きくなればなるほどそうなりやすい。なぜなら、引き渡し後のクレーム対応をしっかりやっても、おのおのの担当者の社内的な評価にはつながらないからだ。彼らは自分の得にならない仕事を嫌がる。

 不動産業者を介してマンションその他を売買したり、あるいは物件を借りる過程で不愉快な思いをするエンドは多い。嫌な思いをした人は、不動産業者に対して悪いイメージを抱く。それが世間の空気の一部を形成してしまっている。