ここから本文です

売上減は進行基準に因る完成高が減少した事、減益は昨年が利益率の高い工事であった反動で
受注高は高水準で年間を通せば、業績落ち込みの心配は無いと見られる。

今後も案件は多く在り、これ程に売られるのは過ぎた反応で機関の操作 かな?^^。