ここから本文です

来年度までに滑り込みで間に合う案件を成約取ったとしても、法廃止後の細かい内容分かるまで商談進まなそうだし中期計画立てれなそう。