IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>621

公募後の上げは詐欺と書かれているけど、自分は公募発表(その内容)を見て、翌日から売り指値をガンガン喰って買い増ししたんですけどね。(短期分かもしれないけど一応)
 
その買い上がりを見て、他が追随してさらに株価上昇に拍車がかかったのかは知りませんが。
(逆に、トーセイみたいに?(忘れた)公募内容見て一気に全部手仕舞いしてしまうこともある)
  
この銘柄掲示板に書いたかわかりませんが、公募の申し込みとか面倒で自分はほとんどしません。
公募申し込んでも、到底欲しい株数得られないと思うなら場中に集めればいい、2~3%など、本当に未来を期待しているなら誤差の内。
 
成長のための公募なのか? 違うのか?
 
内容を見極めず、公募価格を安くさせるために株価は下がるものと、感覚を固定させるのも良くないかも。
もちろん、内容良くても下がる場合も多いとは思うが、それは需給と大口の阿吽の呼吸を考えて。
自分も大口の下げ提案に同調して、公募発表後、値決めまで軽く拾うだけの場合もある。
今回は持ち株数減らしてしまっていたので、ヤベ!と思って買い直した意味もある。  
  
内容が良ければ(決算上方修正のような感覚)、公募の値決め待たずに、とりあえず欲しい株数確保するために買っておくわ!(他の銘柄も沢山持っているし、とにかく思考を割く時間を減らしたい。下値不安が少ないならそれでOK)と考える自分のような人間もいる。
 
数株、十株単位ならまだしも、百株単位で欲しかったら(千株単位の大口ではないのですが)公募申し込むより場中に買った方が面倒臭くない。
  
公募の内容気にせず、とりあえず公募を買って短期抜きしたいだけの提灯思考だと、握力も乏しく、すぐに売ってしまい(投げてしまい)気に入らなくて文句を言いたくなってしまうのでしょうか。