ここから本文です

>>757


どうなんでしょう。考えられるのは
①業績が好調なので賞与引当金を積んだ(増額した)ため、販管費が増加した。
②ビショナイズが取り扱う商品は、トップブランドの高付加価値品であるため、売上も原価も上昇した。
③企業結合で生じたのれんの償却で販管費が増加した。
くらいですかね。

b.g関連で無理矢理紐付けるなら、
これまでの最終消費者向けの事業から、BtoBのビジネスを展開するため、コンサルタントなどの外部の専門家等を活用してノウハウの補強を行ったことで販管費が増額した、とかですかね?ここは根拠のない想像の世界ですが

データがQ2の財務諸表しかないので、定性的な考察で申し訳ないです。