ここから本文です

今週は、上昇2日、下落も2日、交互に上下を繰り返している。
特に昨日の下落は、最近の急ピッチの上昇に極めて健全な好ましい調整となった。

これで、またしばらく息の長い上昇トレンドが継続するでしょう。

10月末からのGSの空売りはピタリと止まり、逆に減少方向転換は、やはり注目すべき動き。

目先は2番天井に向かってその後には下落との見解もあれば、調整を交えながら堅調な上昇トレンドが継続する、と見解等もある。

それに対して、目先の動きに捉われずに、大局的な戦略的見方で大きな潮流を見極めることが、最後に決定的な差が出る。

そして、企業の事業をよく理解して、事業価値、企業価値の成長性を理解すれば、投資に確信が生じて、多少の目先の動きに動じなくなる。

楽しみです。