ここから本文です

【増 配】資産運用型マンションは引き渡し470戸(前期375戸)。用地・建築費高騰による利益率低下を数量増でこなす。管理着実増。前期膨らんだ賃料保証費用の低減も効き、営業利益の伸び回復。増配。
【コンパクト】従来は販売会社に卸売りしていた実需向けコンパクトマンションの直接販売を開始。管理受託の増加も狙う。5月、売却査定サービス提供会社と業務提携。