IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

 米NYタイムズ紙は、コロナ感染拡大により急激に落ち込んだ需要は復活へ向かう動きにあるが、いったん休止した供給の流れを回復することは難しく、今後の米経済にとっての大きな問題になるとの専門家の指摘を伝えている。
 物流やエンターテイメント、観光の需要回復に対応する労働力も、足もとで強い雇用データが示されてはいるものの、確保できるか不透明だという。裏付けはまだ不確かながら、失業給付の拡大が、労働への復帰意欲を阻んでいる可能性もあるようだ。
 いったんオフになった経済を即座に再起動し、オンへ転換することは容易ではなさそうだ。