IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です
現在位置:

中国国家統計局が発表する、国内総生産(Gross Domestic Product)とは、国内で生産されたモノやサービスの総額で、経済の規模をあらわすモノサシとなっています。

GDPの伸び率が経済成長率に値します。
中国の動向は世界経済においても影響力が高いので、注目の指標の一つとされます。

掲示板のコメントはすべて投稿者の個人的な判断を表すものであり、
当社が投資の勧誘を目的としているものではありません。

  • 60(最新)

    dailyWorker 4月12日 11:54

    米商品先物取引委員会(CFTC)によると、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)国際通貨市場(IMM)では、円の投機的な先物ポジション(非商業部門)が、4月6日時点で差引き-5万7989枚のネット・ショートになった。

    前週の-5万9481枚のネット・ショートから、7週ぶりに買い持ちの減少と、売り持ちの増加が一服になった(円買い)3月16日週からは、昨年3月3日週以来のネット円ショート転換となっている。円のショート幅は前週3月30日週に-5万9481枚となり、、2019年5月14日週の-6万1580枚以来の高水準となっていた。

    今後は円ロング解消と円ショートへの転換、円ショートの急膨張による過熱感をを受けて、円ショート取り崩しの円買い戻しが優勢になるか。
    あるいは円ロング取り崩しとネット円ショート転換への勢いのまま、ポジション調整を経ながらも円戻り売りと一段の円ショート積み上げが優勢になるか。その両シナリオを見極める展開となっている。

  •  商品先物取引委員会(CFTC)が発表する主要な先物のみのポジション状況は、4/6現在で以下のとおり。通貨・商品、ネット・ポジション、前週比の順で表記している。            
                 
    ※通貨、ネット・ポジション、前週比            
                
    円  - 57,989   + 1,492         
                
    ユーロ  + 67,522   - 6,217         
                
    ポンド  + 19,951   - 5,008         
                
    加ドル  + 2,690   - 3,828         
                
    スイスフラン  + 3,245   - 1,024         
                
    豪ドル  + 4,066   - 8,197         
                
    NZドル  + 3,138   - 908         
                
    メキシコ・ペソ  - 13,142   + 1,971         
                
    原油  + 511,725   - 19,585         
                
    金  + 189,509   + 21,981

  • 米国の商品先物取引委員会(CFTC)が2日に発表した3月30日時点の通貨先物の持ち高状況では、投機筋の円ネットポジションはショート5万9481枚と前週比6000枚弱ショートを拡大した。

    持ち高推移をみると、1月前半のネットロング約5万枚から3月前半には1万枚割れまでロングを縮小。3月19日発表で約1年ぶりにネットショートに転じ、その後もショートを積み上げてきている。

    米長期金利が上昇傾向を強めたこと、コロナワクチンの普及でリスクセンチメントが大きく改善したことなどが主な円売り材料。その間ドル円のスポット水準は、年初の102円台を底に3月末の111円手前までドル高・円安が進んだ。

    2日に発表された円ネットショートは、2020年の最多ショート・2月の約5万6000枚を超えた水準だ。もっとも、18年には11万枚超え、17年には13万枚超えのネットショートを記録していることもあり、まだ円売り余地はあると考えられる。

    ただし、先週末の3月米雇用統計が労働市場の大幅改善を示したにもかかわらず、今週に入りドル円の水準が伸び悩んでいるのは気になるところだろう。長期金利も先月下旬の上昇幅を削るなか、ドル円は109円半ばまで上値を切り下げた。

    円通貨先物の20年最多ネットショートを記録した後を見返すと、5万枚台までショートを拡大した2週間後、新型コロナの影響によるリスクオフ円買いで一気にネットロングに転じた。1年前とは状況は違うが、昨年のことが脳裏に残り、市場はここからの円ショート保持を躊躇しているのかもしれない。

    もしもだが、投機筋がポジション調整に動く(または動いている)のであれば、ドル円の下押し幅は意外と深くなる可能性もあるか。足もとでは21日移動平均線が位置する109円半ばで下げ渋っているが、109円割れの日足一目均衡表・基準線や3月23日安値108.41円なども視野に入れてもよさそうだ。

    前述水準を割り込むようであれば、21年第1四半期の上昇幅(1月6日安値102.59円から3月31日高値110.97円)の38.2%押し107.77円や半値押し106.78円などが意識されてもおかしくはないか。

  • ブルームバーグによると、ゴールドマン・サックス・グループは約半年前に始めたドル安を見込む取引をやめ、顧客への助言も撤回した。同社の為替チームは「戦術的退却」と題したリポートで、オーストラリア・ドルやニュージーランド・ドルを含むG10資源通貨のバスケットに対し勧めてきたドルのショート(売り持ち)ポジション構築を解消した。米国債利回りの上昇でドルが買われ、ヘッジファンドやその他の投資家もドル安見込みを撤回している。

  • >>54

    ヘッジファンドが円安見込むポジション拡大、2年ぶり規模-先安感で

    (ブルームバーグ): 新型コロナウイルス感染症を巡るパンデミック(世界的大流行)後の世界経済回復期待が広がる中で、ヘッジファンドによる円安を見込む動きが加速している。

    米商品先物取引委員会(CFTC)のデータによると、投機筋によるネットポジションはわずかこの1カ月余りで買い越しから約2年ぶり規模の売り越しに転じた。先週は円安がさらに進み、対ドルで110円台まで下落したが、こうしたポジションの反転ペースの速さも一因だ。

    ストラテジストらは円安進行を見込んでおり、米国債利回り上昇や予想を上回る米経済指標が世界的なリフレ取引を助長する中で100円への円高予想は一変。今年の円相場はドルに対して6.6%下げ、G10通貨では下落幅が最も大きくなっている。

    上田ハーロー外貨証拠金事業執行担当役員の山内俊哉氏は「米金融当局が債券購入プログラムのテーパリングを開始するという動きになる、もしくはさらに雇用統計のような経済指標が強いものが続いて、そういった期待が市場で醸成されるまで」円売りの地合いが続くと考えていると指摘。円のネットショート増加余地はまだあると述べた。

    CFTCのデータによると、レバレッジドファンドの円売り越しは3月30日までの週で4万8510枚と、2019年1月以来の規模。2月半ば時点では買い越しだった。資産運用会社のロング(買い持ち)ポジションも減少した。

    RBCキャピタル・マーケッツは米利回り上昇が円にとってマイナスに働き、112円台も視野に入ると分析。みずほ証券も112円はあり得るとの見方を示す。

    ドル・円は112円が視野、その前に売り買い交錯との見方も

    りそなホールディングス市場企画部の梶田伸介チーフストラテジストは、株高でリスクオンの円売りポジションが積み上がってきていると分析。さらに、金融政策を巡り米利上げの織り込みが進む一方、日本の金融政策は少なくとも前回の点検ではかなり緩和的な面が強調され、これが素直に反映されている印象があると話した。

    原題:Hedge Funds Boost Short Yen Positions to More Than Two-Year High(抜粋)

    (c)2021 Bloomberg L.P.

  • ブルームバーグによると、新型コロナウイルス感染症を巡るパンデミック(世界的大流行)後の世界経済回復期待が広がる中で、ヘッジファンドによる円安を見込む動きが加速している。米商品先物取引委員会(CFTC)のデータによると、投機筋によるネットポジションはわずかこの1カ月余りで買い越しから約2年ぶり規模の売り越しに転じた。先週は円安がさらに進み、対ドルで110円台まで下落したが、こうしたポジションの反転ペースの速さも一因だ。

    ストラテジストらは円安進行を見込んでおり、米国債利回り上昇や予想を上回る米経済指標が世界的なリフレ取引を助長する中で100円への円高予想は一変。今年の円相場はドルに対して6.6%下げ、G10通貨では下落幅が最も大きくなっている。

  •  商品先物取引委員会(CFTC)が発表する主要な先物のみのポジション状況は、3/30現在で以下のとおり。通貨・商品、ネット・ポジション、前週比の順で表記している。            
                 
    ※通貨、ネット・ポジション、前週比            
                
    円  -59,481  -5,956         
                
    ユーロ  +73,739  -19,583         
                
    ポンド  +24,959  +3,140         
                
    加ドル  +6,518  +1,415         
                
    スイスフラン  +4,269  +1,397         
                
    豪ドル  +12,263  +6,321         
                
    NZドル  +4,046  -678         
                
    メキシコ・ペソ  -15,113  +5,781         
                
    原油  +531,310  +8,255         
                
    金  +167,528  -6,539

  • 米商品先物取引委員会(CFTC)によると、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)国際通貨市場(IMM)では、円の投機的な先物ポジション(非商業部門)が、3月23日時点で差引き-5万3525枚のネット・ショートになった。

    前週の-3万9368枚のネット・ショートから、5週連続で買い持ちが減少し、売り持ちが増加した(円売り)。前週3月16週からは、昨年3月3日週以来のネット円ショート転換となっている。円のショート幅は、昨年2月25日週の-5万6389枚以来の高水準となってきた。

    今後は円ロング解消と円ショートへの転換を受けて、円ショート整理の円買い戻しが優勢になるか。
    あるいは円ロング取り崩しとネット円ショート転換への勢いのまま、ポジション調整を経ながらも円戻り売りと一段の円ショート積み上げが優勢になるか。その両シナリオを見極める展開となっている。

  •  商品先物取引委員会(CFTC)が発表する主要な先物のみのポジション状況は、3/23現在で以下のとおり。通貨・商品、ネット・ポジション、前週比の順で表記している。            

    ※通貨、ネット・ポジション、前週比   
       
    円 -53,525 -14,157
       
    ユーロ +93,322 +3,346
       
    ポンド +21,819 -6,781
       
    加ドル +5,103 -5,160
       
    スイスフラン +2,872 -1,799
       
    豪ドル +5,942 -1,678
       
    NZドル +4,724 -1,305
       
    メキシコ・ペソ -20,894 +8,563
       
    原油 +523,055 -2,387
       
    金 +174,067 -6,129

  •  商品先物取引委員会(CFTC)が発表する主要な先物のみのポジション状況は、3/16現在で以下のとおり。通貨・商品、ネット・ポジション、前週比の順で表記している。            
                 
    ※通貨、ネット・ポジション、前週比            
                
    円  - 39,368   - 45,882         
                
    ユーロ  + 89,976   - 11,988         
                
    ポンド  + 28,600   - 5,311         
                
    加ドル  + 10,263   - 718         
                
    スイスフラン  + 4,671   - 9,722         
                
    豪ドル  + 7,620   - 455         
                
    NZドル  + 6,029   - 11,097         
                
    メキシコ・ペソ  - 29,457   - 31,309         
                
    原油  + 525,442   - 11,996         
                
    金  + 180,196   + 5,033

  •  商品先物取引委員会(CFTC)が発表する主要な先物のみのポジション状況は、3/9現在で以下のとおり。通貨・商品、ネット・ポジション、前週比の順で表記している。            
                 
    ※通貨、ネット・ポジション、前週比            
                
    円  + 6,514   - 12,756         
                
    ユーロ  + 101,964   - 24,024         
                
    ポンド  + 33,911   - 2,171         
                
    加ドル  + 10,981   - 4,346         
                
    スイスフラン  + 14,393   + 2,132         
                
    豪ドル  + 8,075   + 2,034         
                
    NZドル  + 17,126   + 718         
                
    メキシコ・ペソ  + 1,852   - 2,579         
                
    原油  + 537,438   + 18,419         
                
    金  + 175,163   - 14,475

  •  商品先物取引委員会(CFTC)が発表する主要な先物のみのポジション状況は、3/2現在で以下のとおり。通貨・商品、ネット・ポジション、前週比の順で表記している。
     
    ※通貨、ネット・ポジション、前週比

    円 +19,270  -9,352
       
    ユーロ +125,988  -12,377
       
    ポンド +36,082  +5,104
       
    加ドル +15,327  +6,195
       
    スイスフラン +12,261  +738
       
    豪ドル +6,041  +7,677
       
    NZドル +16,408  +1,759
       
    メキシコ・ペソ +4,431  +1,406
       
    原油 +519,019  +7,179
       
    金 +189,638  -26,095

  •  商品先物取引委員会(CFTC)が発表する主要な先物のみのポジション状況は、2/23現在で以下のとおり。通貨・商品、ネット・ポジション、前週比の順で表記している。            
                 
    ※通貨、ネット・ポジション、前週比            
                
    円  + 28,622   - 8,560         
                
    ユーロ  + 138,365   - 1,641         
                
    ポンド  + 30,978   + 8,811         
                
    加ドル  + 9,132   + 968         
                
    スイスフラン  + 11,523   + 3,152         
                
    豪ドル  - 1,636   + 1,185         
                
    NZドル  + 14,649   + 938         
                
    メキシコ・ペソ  + 3,025   + 1,613         
                
    原油  + 511,840   - 2,873         
                
    金  + 215,733   - 19,236

  • 米商品先物取引委員会(CFTC)によると、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)国際通貨市場(IMM)では、豪ドルの投機的な先物ポジション(非商業部門)が、1月26日時点で差引き+7712枚のネット・ロングになっている。

    前週の+4860枚のロングから、2週ぶりに買い持ちが減少した(豪ドル売り)。昨年12月1日週には-1万0800枚までショートが増加したが、ショート整理の買い戻しが進展。1月19日週からは、昨年10月27日週の+8890枚以来のロング回帰となってきた。

    今後はショート整理からロング傾斜への勢いのまま、一段のロング積み上げに向けた押し目買いが優勢になるか。
    あるいはショート解消の一段落とロング積み上がりにより、ロング取り崩しに向けた戻り売りが優勢になるか。その両シナリオをにらんだ展開となっている。

  • 米商品先物取引委員会(CFTC)によると、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)国際通貨市場(IMM)では、ポンドの投機的な先物ポジション(非商業部門)が、1月26日時点で差引き+7965枚のネット・ロングになった。

    前週の+1万3705枚のロングから、3週ぶりに買い持ちが減少した(ポンド売り)。昨年12月8日週以降は9月22日週以来というネット・ロングに回帰する一方、12月22日週の+6032枚をピークにロングが減少に転じていたが、昨年3月17日週の+1万8640枚以来の高水準となっている。

    今後はショート整理とロング傾斜の勢いのまま、押し目買いと一段のロング積み上げが優勢になるか。
    あるいは一定程度のロング積み上がりを受けて、ロング取り崩しとショート再拡大に向けた戻り売りが優勢になるか。その両シナリオを見極める展開となっている。

  • 米商品先物取引委員会(CFTC)によると、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)国際通貨市場(IMM)では、ユーロの投機的な先物ポジション(非商業部門)が1月26日時点で差引き+16万5344枚のネット・ロングになった。

    前週の+16万3466枚のロングから、3週連続で買い持ちが増加(ユーロ買い)。ロング幅は過去最高規模である昨年8月25日週の+21万1752枚をピークとして、減少に転じる場面も見られているが、一進一退を経ながら高止まりとなっている。ロング幅は昨年10月20日週の+16万5943枚以来の高水準となってきた。

    今後は高水準のロング再増加により、ロング調整と取り崩しに向けた戻り売りが優勢になるか。
    あるいはロング再拡大の勢いのまま、一段のロング積み上げに向けた押し目買いが優勢になるか。あるいはその両シナリオを見極める展開となっている。

  • 米商品先物取引委員会(CFTC)によると、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)国際通貨市場(IMM)では、豪ドルの投機的な先物ポジション(非商業部門)が、1月19日時点で差引き+4860枚のネット・ロングになっている。

    前週の+5456枚のロングから、7週ぶりに売り持ちの減少と、買い持ちの増加が一服となった(豪ドル売り)。昨年12月1日週には-1万0800枚までショートが増加したが、ショート整理の買い戻しが進展。昨年10月27日週の+8890枚以来のロング回帰となってきた。

    今後はショート整理からロング傾斜への勢いのまま、一段のロング積み上げに向けた押し目買いが優勢になるか。
    あるいはショート解消の一段落とロング積み上がりにより、ロング取り崩しに向けた戻り売りが優勢になるか。その両シナリオをにらんだ展開となっている。

  • 米商品先物取引委員会(CFTC)によると、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)国際通貨市場(IMM)では、ポンドの投機的な先物ポジション(非商業部門)が、1月19日時点で差引き+1万3705枚のネット・ロングになった。

    前週の+1万2942枚のロングから、2週連続で買い持ちが増加した(ポンド買い)。昨年12月8日週以降は9月22日週以来というネット・ロングに回帰する一方、12月22日週の+6032枚をピークにロングが減少に転じていたが、昨年3月17日週の+1万8640枚以来の高水準とななっている。

    今後はショート整理とロング傾斜の勢いのまま、押し目買いと一段のロング積み上げが優勢になるか。
    あるいは一定程度のロング積み上がりを受けて、ロング取り崩しとショート再拡大に向けた戻り売りが優勢になるか。その両シナリオを見極める展開となっている。

  • 米商品先物取引委員会(CFTC)によると、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)国際通貨市場(IMM)では、ユーロの投機的な先物ポジション(非商業部門)が1月19日時点で差引き+16万3466枚のネット・ロングになった。

    前週の+15万5890枚のロングから、2週連続で買い持ちが増加(ユーロ買い)。ロング幅は過去最高規模である昨年8月25日週の+21万1752枚をピークとして、減少に転じる場面も見られているが、一進一退を経ながら高止まりとなっている。ロング幅は昨年10月20日週の+16万5943枚以来の高水準となってきた。

    今後は高水準のロング再増加により、ロング調整と取り崩しに向けた戻り売りが優勢になるか。
    あるいはロング再拡大の勢いのまま、一段のロング積み上げに向けた押し目買いが優勢になるか。あるいはその両シナリオを見極める展開となっている。

読み込みエラーが発生しました

再読み込み
JASRAC許諾番号:9008249113Y38200 写真:アフロ

(C)Yahoo Japan