IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

件名:専守防衛変える「敵基地攻撃能力」持つべきではない(毎日見出し)

自衛隊が、常に敵基地を攻撃することを目的とする体制をとり、それを抑止力と位置づけることとは似て非なるものだ。(記事引用)

「自衛隊が、常に敵基地を攻撃することを目的とする体制」という、この大前提が、そもそも間違っているように思います。

必要最小限の敵基地攻撃は可能とした鳩山内閣の「座して死を待つべしというのが憲法の趣旨とは思えない」という国会答弁は、正当防衛権の行使場面における話ですから、「自衛隊が、常に敵基地を攻撃することを目的とする体制」というような、正当防衛権の行使場面以外で行使されることを目的とした体制のことではありません。

したがって、正当防衛権の行使目的で保有する敵基地攻撃能力を以って、抑止力と位置付けることは適切ではありません。

にも拘らず、抑止力と決めつけてしまうから、おかしな結論になってしまうのです。