IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です
現在位置:
(株)テレビ朝日ホールディングス - 株価チャート

2,102

+13(+0.62%)
  • 前日終値
    2,089(04/15)
  • 始値
    2,092(09:00)
  • 高値
    2,104(12:31)
  • 安値
    2,084(09:45)

掲示板のコメントはすべて投稿者の個人的な判断を表すものであり、
当社が投資の勧誘を目的としているものではありません。

  • 793(最新)

    vwa***** 4月18日 21:05

    ■「大人(おとな)になれ!」 テレビ朝日!!!
    ■「大人(おとな)になれ!」 朝日新聞!!!
    いつまで、子供でいるつもりだ。(怒)

  • さすが、K防疫(大爆笑)

    2021年4月17日(土) 韓国 朝鮮日報の記事
    ■「K注射器」に異物混入、韓国政府が70万本緊急回収

    ◆新型コロナワクチン接種用注射器に不具合が生じ、全国の保健所・療養病院などに配布された注射器70万本を韓国政府が回収していたことが16日、分かった。
    医療機器を製造するA社が供給したこの注射器は、政府が「K防疫の快挙」と広報した「最小残余型(LDS)」注射器の一種だ。
    A社は当初、120万本を政府に納品し、そのうち50万本は既に接種に使用されたとのことだ。

  • >>764

    >特に、元婚約者の「当初より返済を求めるつもりはありませんでしたという趣旨の」発言を咄嗟に録音したという子供の行為からは、母子間の連携という疑念すら抱かずにはいられません。

    件名:【全文】小室圭さん金銭問題の説明文書公表(NHK見出し)

    この録音の該当箇所を抜粋すると次のようなやり取りがされています。

    母が支援を清算させていただきたいと言い始め、それに対して元婚約者の方が、差し上げたものだ、当初より返済を求めるつもりはありませんでしたという趣旨のことをおっしゃった時点で、私が録音をしておいた方がよいのではと考え咄嗟に録音したものだったため、母の質問や元婚約者の方のお返事の一部は録音できていません。

    元婚約者
    「返してもらうつもりはなかったんだ」

    「そんなのってあるの?」
    元婚約者
    「いやあ、あるんですかねって、だって、その時はだって・・・」

    「だってあるんですかねってそんなの私不思議。そういう方と出会ったことがないから。そう」
    元婚約者
    「うん。返してもらうつもりは全くなく・・・お金出してましたよ」
    (記事引用)

    一.説明文から抜粋した上記部分を良く読んで見て欲しいですね。
    「母が支援を清算させていただきたいと言い始め」となっていますね。つまり、支援金の精算についての話題に最初に触れたのは、母親の方なのです。

    ここからは、一般論ですが、
    ①会話の途中で、録音が必要な部分だけを、咄嗟に録音するというのは非常に難しいと思われます。
    ②しかし、予め特定の話題が出ることが分かっていれば、事前に録音の準備をしてスタンバイしておくことは可能で、特定の話題が出た時点から、録音を開始すれば、その話題の内容をタイムリーに録音することは十分に可能です。

    さて、こうした一般論が、今回の金銭問題の説明文書にも果たして当て嵌まるかどうかは読者の判断に委ねることになりますが、私がモヤッとしているのは、まさにこの点です。

    二.録音の内容に、『元婚約者「返してもらうつもりはなかったんだ」』とありますが、元婚約者が結婚を前提にお金を出したのなら、自分の家族に使うお金ですから、そういう話になるのも当然ですし、次の発言には『元婚約者「いやあ、あるんですかねって、だって、その時はだって・・・」』とありますが、『その時』=結婚を前提としていた時と考えれば、これも自然な流れでしょうね。

  • >>709

    早稲田大学教授の中林先生、キャノン研究所の(名前知らない)先生!

    その調子でもっと田原総一朗の番組に出て、讀賣TVとフジTVの番組の品位を貶めてください。

    9409 - (株)テレビ朝日ホールディングス 早稲田大学教授の中林先生、キャノン研究所の(名前知らない)先生!  その調子でもっと田原総一朗の番組

  • 件名:天皇制における皇位継承について思う

    この際、皇位継承議論を進めるにあたって、世の中を広く良く知っている旧宮家からの皇籍復帰についても真剣に検討するべきでしょう。

    日本国憲法における天皇制において重要なことは、皇室典範の第一条で「皇位は、皇統に属する男系の男子が、これを継承する」と定められていることからも明らかなように、「皇統に属する男系の男子によって皇位が維持されること(血筋の重視)」に尽きる訳ですから、適切な皇位継承者が存在しないような場合には、女系天皇の検討などではなく、当人が応諾することを条件に「旧宮家からの皇籍復帰」を皇室典範で可能となるように定めてしまえば良いのです。

    憲法にもあるように、天皇の地位は「主権の存する日本国民の総意に基く」訳ですから、必要に応じて法律である皇室典範で「旧宮家からの皇籍復帰」を皇室典範で可能となるように定め、天皇の地位を継承することが可能な皇族の範囲を広げておくことは、「主権の存する日本国民の総意に基く」ことにも反しないはずです。

    加えて、世俗にまみれた経験のある世間を良く知っている皇族方が増えれば、国民にとってもより親近感が持てる皇族像が出来上がって、より良いのではないかと思います。

    本人が応諾すればの話ですが、明治天皇の玄孫にあたる「竹田 恒泰」さんなども宜しいのではないかと思いますね。重要なのは血筋ですから。

  • >>768

    >ということで、この話題に触れるのは、これで最後に致します。

    前言撤回

    件名:【眞子さまと小室圭氏の結婚問題】眞子さま、結婚して皇室を離れたいお気持ちか(日刊ゲンダイDIGITAL見出し)

     「おそらく、どうしても皇室を出たいのではないですか。皇室を出られるなら、小室さんでなくてもよかったのかも……」

     なるほど。そういう理由なら合点がいく。いくら周囲に反対されようと結婚を諦めない意思の固さも納得できる。(記事引用)

    なら、いくつか、お見合いでも用意すれば良いだけのことです。

    天皇制であった明治憲法時代ならいざ知らず、現憲法下では一般に解消に伴う慰謝料の相場は大した額ではありませんから、その気になって決断するなら、十分な選択肢になり得る話と言えるでしょう。

  • 世界のスポーツ界で大活躍

    大谷翔平
    八村塁
    大坂なおみ
    松山英樹

    K国のスポーツ選手は、自分の思い通りにならないと八つ当たりで・・・
    数日前にも、日本とK国のサッカー親善試合で日本人選手が負傷した。

  • ゴルフ 今度は別の韓国人選手が怒り、パターを放り投げて左足で蹴り上げた

    2021年4月17日(土) THE ANSWERの記事より
    ■韓国選手がクラブ蹴り上げ パット外した“怒りの瞬間”に米注目「ドロップキックだ」

    ◆米男子ゴルフのRBCヘリテージで、パットを外した後にクラブを蹴り上げた韓国人ゴルファーが注目されている。
    現地時間16日、ハーバー・タウンGLで行われた第2日の18番。グリーン上でパターが宙を舞った実際の様子について、
    米メディアは「怒り狂う」「ドロップキック」などと報じている。

    最後の最後に、納得がいかなかったようだ。カン・スンは3連続バーディーを奪って迎えた最終18番。パーパットを右に外し、スコアを落とすことに。
    すると、持っていたパターを宙に投げ、そのまま左足で蹴り飛ばしてしまった。
    パターは草むらの方角へ。現地の実況席からも「Oh……痛そうだ」「ドロップキックだ」などと驚きの声があがっている。

    以下略

    ●常識人のコメント
    ・韓国人特有の病気の火病がまたしても出ましたね。
    松山英樹が優勝したマスターズで、韓国人選手のキム・シウーが怒りに任せてパターを地面に強くたたきつけ、ぐにゃりと曲げてしまった事件。
    ・もうゴルフの韓国人選手は大会出場不可でいいのでは?

  • 2021年4月13日(火) 産経新聞の記事
    ■海外でもトリチウム放出 韓国原発は年間136兆 仏再処理施設は1・3京

    ◆世界各国は、自国の原子力施設から、放射性物質トリチウムを海洋や大気中に放出している。いずれも各国の規制基準に基づいた放出量で、施設周辺で人体や環境などへの重大な影響は確認されていないという。

    経済産業省がまとめたデータによると、韓国の主要原発である月城原発は2016年に液体約17兆ベクレル、気体約119兆ベクレルの計約136兆ベクレル(ベクレルは放射能の強さや量を表す単位)を放出。

    同様にフランスのラ・アーグ再処理施設は15年に計約1京3778兆ベクレルを海洋と大気にそれぞれ出している。

    このほか、英国のセラフィールド再処理施設は15年に約1624兆ベクレル、カナダのダーリントン原発は同年に約495兆ベクレルをそれぞれ放出した。

  • 件名:【官製風評 処理水海洋放出】賠償前提を疑問視 和解案拒否傾向 識者、東電の対応懸念(福島民報見出し)

    東電は十六日に公表した賠償方針で、期間や地域、業種を限定せずに賠償すると明記した。商品やサービスの取引量の減少、価格の下落などに基づき損害額を算出する。ただ、基準などの具体的な内容は定まっていない。東電が構築する仕組み次第では、風評と損害の因果関係を厳しく審査され、被害があるのに救済されない可能性もある。(記事引用)

    訴訟で解決しようとすると、相当な年数が必要となり、地元漁業者の救済には程遠いものとなるはずです。

    一番良いのは、福島県が条例を定めて、「汚染水の海洋放出については、風評被害で損害を被る恐れのある地元事業者との間で、海洋放出についての事前合意をしなければならない」としてしまうことです。

    そうすることで、東電は地元との合意前に海洋放出をすることが出来なくなりますし、国は自治体の横出し条例に反して強引に海洋放出を東電に実施させることもできなくなるはずです。

    政府と東電が海洋放出を急ぐ必要があれば、東電は地元団体の求める条件を丸呑みしてでも合意に漕ぎ着けようとするはずです。そこで、地元団体としては、損害賠償の予約として、風評被害と認定するための具体的な条件とともに、風評被害が発生した場合の損害額を予め東電との合意で定めてしまえば良いのです。

    そうすれば、漁業関係者等は、予め定めた風評被害の条件を満たせば、予め定めた損害賠償額を直ぐに手にすることができるはずです。

    ですから、地元業者は福島県議会に働きかけて、直ぐにで横出し条例を定めてもらいましょう。

  • 件名:日米首脳ハンバーガー会談舞台裏…台湾明記で対中戦略は?バイデン政権内に不満も(日テレニュース24見出し)

    結局、共同声明には「台湾海峡の平和と安定の重要性を強調するとともに、両岸問題の平和的解決を促す」と明記された。日本政府の要請で後半に加えられたという「両岸問題の平和的解決を促す」という文言は、台湾問題に触れる場合の日本政府の定型見解で、外務省幹部は「この表現を後ろに付けることで、これまでの日本政府の姿勢と変わっていないというメッセージになる」と解説した。

    一方で、あるアメリカ政府関係者は、「日本には共同声明でもっと強い表現に賛同して欲しかった」「落胆している」と不満を口にしている。(記事引用)

    米国が落胆するのは、無理もありません。

    日本政府が言う平和的な解決では、香港問題を見て分かるように、何一つ解決できないからです。香港問題に関して言えば、中国は平和的に(欧米と武力衝突することなしに)香港の民主主義を打破して中国化したことになるのです。

    台湾政策においても、中国は香港での経験を生かしてくるはずです。まずは、台湾に中国人を沢山移住させて、とにかく台湾に親中政権を誕生させることでしょう。
    つぎに、その親中政権を使って、香港で行ったようなことを次々と行っていくことになるはずです。そうすれば、中国は台湾で起きている政変を、中国における台湾自治区の問題だと強弁して欧米の介入をけん制しつつ、台湾を香港のように中国化することが可能となるからです。

    つまり、香港と同じような手法を用いる限り、日本政府が言う平和的な解決には抵触することなく、台湾を中国化して行くことができるからです。

    ですから、米国が日本にも求めている台湾政策とは、もっと強力なもの、つまりは平和的でない解決方法に及んででも、台湾における自由民主主義政治を死守しようというものであるはずです。

    そうした方向性からすると、日本政府の方針は余りにも脆弱過ぎて、バイデン政権には相当な不満があるということになるのでしょう。

    このように、米国が強い不満を抱くのは当然とも言えますが、憲法9条を改正できない今の日本政府としては、これ以上は無理というのが本音なのでしょう。

    ですから、バイデン政権が日本をもっと活用したいと思うのなら、まずは日本に憲法9条をあらゆる手段を用いて改正させることが必要になります。

  • うわっ。関西がひどいことになってるっていうのに・・・

    クラスターを発生させたサンデーLIVE!!、差し替えずにやってるんだ。

    中居正弘のニュースな会も、世間を騒がせることだけを生きがいにしてるペテン医師、まだ使ってるし。

    警視庁生活安全課のみなさん、そろそろあげちゃってください。

    制作スタッフ・出演者を含めれば、叩けば埃が出るの、もう見当ついてるでしょ。本人が一番いいですが。

    9409 - (株)テレビ朝日ホールディングス うわっ。関西がひどいことになってるっていうのに・・・  クラスターを発生させたサンデーLIVE!!、

  • 「台湾」と明記せず「台湾海峡」とし、日米の苦心の程がうかがわれる。

    >会談では、中国が軍事的活動を活発化させる台湾海峡情勢が取りあげられた。会談後の共同記者会見で、首相は「台湾海峡の平和と安定の重要性については日米間で一致しており、今回改めてこのことを確認した」と説明した。バイデン氏は会見で台湾に触れなかった。

     共同声明では、台湾について「日米両国は台湾海峡の平和と安定の重要性を強調するとともに、両岸問題の平和的解決を促す」と明記した。台湾が日米首脳間の文書に明記されるのは、佐藤栄作首相とニクソン大統領との69年の共同声明以来52年ぶり。日本が72年に中国との国交を正常化し、台湾と断交する前の時代だった。3月の日米外務・防衛担当閣僚会合(2プラス2)の共同声明でも「台湾海峡の平和と安定の重要性」と明記された。

  • 件名:日米共同声明に台湾明記へ(共同通信見出し)

    日米両首脳が会談で、台湾海峡の平和と安定の重要性を確認したのを受け、共同声明に台湾問題が明記される見通しとなった。政府関係者が明らかにした。(記事引用)

    台湾問題が明記される見通しになったのは良いことですが、日米両政府とも香港を置き去りにはしていませんか?

    香港では、民主化運動家が次々と逮捕され収監されているのです。日本でも馴染のある周庭さんも未だ牢屋の中なのです。

    このままでは、今の米国は口先だけで、民主化のために活動する市民を誰一人助けてはくれない国と思われてしまいます。そうなれば、誰一人として弾圧共産政府に対して物を言うことが出来なくなってしまいます。

    台湾問題も極めて重要ですが、米国政府は香港で収監されている民主活動家の釈放を強く香港政府に要求し、必要に応じて金融と経済の両面から強力な圧力を掛け続ける必要があるはずです。

    首脳会談では、香港問題についても議論するべきです。

  • >>764

    >私がモヤッとするのは、まさにこの点です。

    息子さんのこれまでの人生って、どんな感じだったんだろうと思って、ネットで名前を検索するといくつか情報がありますね。

    宮内庁はいったい何をしていたのやら、という感じが否めません。
    ということで、この話題に触れるのは、これで最後に致します。

  • 件名:「お金を返せば解決」ではない。国民が小室圭氏にモヤッとする「2つの理由」を夫婦問題研究家が指摘(All About見出し引用)

    まるで“後だしジャンケン”のような今回の前言撤回ぶりでしたが、せっかくお金を返すのであれば、もっと潔い表現の仕方があったはず。「借金と思われたくないから返したくなかった」のではなく、「借金とは思っていなかったが、おかげさまで留学もさせていただけたことにも感謝しているので、いただいたお金は働いてお返しします」のほうがずっとスマートで潔いと思いませんか?(記事引用)

    「借金とは思っていなかったが、おかげさまで留学もさせていただけたことにも感謝しているので、いただいたお金は働いてお返しします」のほうがずっとスマートで潔い???

    これも違うと思いますね。

    無償の支援に対して心から感謝の気持ちがあるのなら、一般的には「元婚約者が返済しなくて良い言ってくださっていたとしても、支援を受けた側としては、将来いつか必ずお返しますと心に決意するもの」ではないでしょうか。

    つまり、支援者がたとえ「贈与です」と言ってくれていたとしても、支援を受けた側は借金のつもりで「いつかお返しします」と心に決意するのが、善意に対する心からの感謝の気持ちの表し方ではないかと思うのです。

    ところが残念なことに、今回の一連の報道から判断する限り、母子ともに初めから元婚約者から支援して頂いたお金をお返しする(返済する)意図は全くなかった(言い換えれば確実に貰う意図であった)ように感じられてしまうのです。

    特に、元婚約者の「当初より返済を求めるつもりはありませんでしたという趣旨の」発言を咄嗟に録音したという子供の行為からは、母子間の連携という疑念すら抱かずにはいられません。

    私がモヤッとするのは、まさにこの点です。

  • >>762

    >北村先生は「娘の父親は・・・『大切な娘を託すにふさわしいかどうか』を真剣に考えています」とおっしゃっていますが、皇族であっても父親である以上、同じ気持ちのはずです。娘の自己決定は尊重すべきですが、それだけで父親としての役目を全うしているとは言えないと思います。

    一般論として、他家の結婚話に、他人がいちいち口を挟むことはありません。

    しかし、天皇と言う地位が日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であること、そして秋篠宮さまが皇位継承順位第1位の皇族である皇嗣であられることを考えますと、その父親としての御振る舞いについても、国民は大いに注目しているかもしれません。

  • 件名:小室圭さん 「金銭トラブル」の解決策はあるのか…「行列」北村晴男弁護士に聞く(デイリー見出し)

    さらに北村弁護士は「こういう場合、娘の父親は『法的に正しい主張をしているか』ではなくて、『大切な娘を託すにふさわしいかどうか』を真剣に考えています。相手が出してくれたお金によって高等教育を受けることができたことに感謝し、解決金を支払うことでその恩に報いる人ならば『娘を託すにふさわしい』と考えてくれるでしょう。それが娘を持つ父親の考えですよとアドバイスします」と述べた。(記事引用)

    北村先生、父親として「格好よ過ぎ」ですね。
    まさに、先生のおっしゃる通りです。

    ところが、報道によると、小室圭さんは、元婚約者と母親との会話に同席した際に、「当初より返済を求めるつもりはありませんでしたという趣旨のことをおっしゃった時点で、私が録音をしておいた方がよいのではと考え咄嗟に録音した」というのです。

    私は、ここに物凄く引っ掛かっています。

    なぜなら、事前に準備してスタンバイでもしていない限り、「当初より返済を求めるつもりはありませんでしたという趣旨のことをおっしゃった時点」で録音の必要性を感じたとしても、直ぐには録音など出来ないと思うからです。

    そう考えると、初めから録音の準備をして同席していた可能性が高くなってくるのです。

    しかも、このことを前提とすると、なぜ、事前に録音の準備をしていたのかという疑問にぶち当たることになります。結論を言うなら、元婚約者と母との話し合いの席で、録音が必要な話題が必ず出てくることを、予め認識していた可能性もあることになるのです。

    こうした録音は、元婚約者から法的に返済を求められないようにするための証拠取得行為と思われますから、北村先生のいうような「相手が出してくれたお金によって高等教育を受けることができたことに感謝し、解決金を支払うことでその恩に報いる」というような感謝の発想自体が、当初から全くなかったことにもなっしまうのです。

    私は、この点に物凄く引っ掛かっています。

    北村先生は「娘の父親は・・・『大切な娘を託すにふさわしいかどうか』を真剣に考えています」とおっしゃっていますが、皇族であっても父親である以上、同じ気持ちのはずです。娘の自己決定は尊重すべきですが、それだけで父親としての役目を全うしているとは言えないと思います。

読み込みエラーが発生しました

再読み込み
JASRAC許諾番号:9008249113Y38200 写真:アフロ

(C)Yahoo Japan