IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

今回の仮処分取り下げだけど
合意書見るとアジアにとって大きなポイントがある
新株予約権の仮処分の争点が総会の招集手続きと議決のプロセス
とされたこと
これにより
1.アジアは濫用的買収者ではなく、買収目的は正当
2.機械株の買い集めも正当な方法によるもの
の2点を前提することとなる
また、アジアの株主構成等も対象外

東京機械が質問書で取り上げていたことの大半が審議対象外となる

ホルダーからいえば当たり前のことだけど裁判所での合意、つまり
機械側も認めたことは大きいと思う

議決権も取り下げたけど新株の方でもやるからね
ますます楽しみになってきた